2015年07月08日

ナイロン弦は伸びるよ果てしなく

フェンダージャパンが1990年代に作ったSTCLというギターを入手しました。
このギターはユニークで、ストラトキャスターの形だけども、ナイロン弦を張ってピエゾで音を拾うというもの。

409089_main_l_201506301436.jpg

そして、実はこのギターは成毛滋さんが特注したもので、通常はロングスケールのところがミディアムスケールというレア品なのです。

成毛滋さんモデルのピックもおまけについてました。

NRRUMOsan PICK.jpg

ピックガード外してみたらこんな風にアルミ箔でシールドが完璧に施されていました。流石です。しかし、ここまで厳重にしているということは、成毛さん、ピックアップ付きのエレキに換装する予定でもあったのだろうか?

STCL NARUMO.jpg

ところで、弦を張り替えたらチューニングが全く安定しないのが、ちょっと困りもの。
先週の土曜日にモノを入手してチューニングをしたのだけど、毎日1音ぐらい音が狂うのです。
あれから4日経過した今も、半音〜1音ピッチが毎日変わって全く安定しません。
やはり、テンションが高いエレキギターの仕様に、ガットギター用のナイロン弦を張ることには無理があるのかもしれません。

あと、違和感があるのはチョーキングを思いっきりしても、弦が伸びまくって半音上げるのがいいところで、普通のエレクトリックギターの感覚で弾くと変な感じ。演奏途中で1音上げようと思ったときには、チョーキングではなくてスライドさせる必要があります。

商品説明によると、「ナイロン弦をセットすることによりエレガットサウンドを出力します。もちろんスチール弦をセットすればエレアコ風サウンドもお楽しみいただけます。」とのことなので、アコギ用のスチール弦に一度張り替えてみようかと思う。なんだかんだ言っても面白いギターなので、しばらく楽しめそうな予感がします^^
posted by マット at 20:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

Bob AcriのSleep Awayという曲

パソコンのサンプルミュージックに入っているこの曲、なかなかイイと思う。



メーカーによるかもしれないけど、OSがWindows7だとデフォルトらしいので、あなたのパソコンにも入っているかも。
posted by マット at 22:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

ローディーをやってみた

先月のことですが、ローディーをやりました。
とはいっても楽器を運んだだけですが^^;

The sons of eveのライブ、場所は新宿のクロウダディクラブ。
Voyagerさんの機材を運び込むお手伝いでした。
地上から地下一階まで、1時間ぐらいかけて、ものすごい量のキーボードやモジュラーを運搬。

鍵盤や側板等、バラバラの機材を運びました。組み立てるのはサポートするだけで殆ど見ていただけですが。

組みあがったキーボード、シンセサイザー、モジュラーは狭いステージの半分以上を占めるぐらいで圧倒的。

11209460_693376434106349_2044836115966820648_n.jpg

リハが始まるまでは、実に1時間半以上経過してました。

ライブはお客さんも満入りで、ライブはEL&Pの見事な再現でした。

11206121_693340267443299_7654492249048994624_n.jpg


ライブ終了後、1時間近くかけて鍵盤類を分解、地上まで運びました。
その後、メンバーさんたちと二次会をご一緒しているうちに終電逃してしまいました^^;

2時過ぎに西武新宿前のカプセルホテルにチェックイン。だけどもカプセル苦手な僕は殆ど眠れず起きたのが4時過ぎ。なんとか眠ろうと7時過ぎまで頑張るも眠れずでチェックアウト。二日酔い気味で、今日はもうだめだなと思いつつ寮の部屋に帰ったのですが、風呂に入ったら少し復活。なんだか腹も減ってきたところで、前日ご一緒した、The sons of eveのドラマー(か〜るぱ〜まん)ひろさんと品川で前日に続いて昼間から酒盛り(汗)

3509751_2154349293_202large.jpg

ひろさんが名古屋に帰る新幹線の時間まで、ビールを一緒にいっぱい飲みました^^
posted by マット at 21:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

HOTONEのスピーカーキャビネットを購入

HOTONEのアンプヘッドを購入したことを前に書きましたが、ヘッドフォンばかりで弾いていると耳に良くないと思って、結局スピーカーキャビネットも購入しました。

3509751_2158251458_153large.jpg


大きさはVOXのAC−1よりふた周り位大きいといった感じです。コンパクトエフェクター1個ならば、アンプヘッドの横に置くことが出来ます。写真の赤いのはフライヤーのツーリングです。

ヘッドフォンで弾くよりも、やはり直にスピーカーから聞く方が気持ちいいかな。隣の部屋に人がいなそうなときは、このキャビネットで少し大きめの音で弾いてみようかと思う。ヘッドフォンでは絶対に出来ないフィードバック奏法も出来るかどうかを試してみます。無理かな?^^;




----------------------------------------------------------------------
6月1日追記: フルテンで音を出したら、しっかりとフィードバックしました。
posted by マット at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

犬と一緒に自転車で買い物に

連休初日、ビーグルのディアを連れて自転車で大須のコメ兵に向かったのでした。
この日は結構気温が高かったのと、ディアも運動不足で肥満のせいか途中で休憩。
先日、動物病院で狂犬病の注射うってもらうときに体重を量ったら、10kgだった体重が13kgに増えていたので一気に行くのは無理かなと思っていたら案の定。

Dear kyuukei.jpg

その後コメ兵に到着。コメ兵楽器館の2階から、買い物に行く僕を待つディアを撮影してみました。
いっぱい走って疲れさせたので、おとなしく伏せして待っています。

KOMEHYOU DEAR.jpg

この前迷って買わなかったAC−30タイプのHOTONE、犬を待たせているので素早く音出ししてみて、すぐに購入を決定。このとき、コメ兵では始めてのことがありました。店員さんが「試弾き用のギターが今無いので、売り物の好きなものを使っていいですよ」と言う。ギブソンカスタムショップの1960年レスポールのクラプトンモデルもあったけど(約百万円)流石にずうずうしいかと思って、ギブソンレギュラーラインもののゴールドトップ(約11万円)を使わせてもらいました。そしたら、このギターが結構気に入ってしまい欲しいと思ったけど金欠なので思いとどまりました。好きなギターを選ばせて気に入らせるという戦略に、危うく乗るところだったのでしょうか(笑)

購入したHOTONEのBRITISH INVASION、前にも思ったけど、なんとなく鉄道模型の電気機関車のHOゲージのような雰囲気がします。

上に6ペンスを乗っけて大きさを比較してみました。小さいですよね〜。
(ちなみに6ペンスの直径は1円玉より約1mm小さい。)

HOTONE BRITISH.jpg

本日初めて、ピートコーニッシュのトレブルブースターTB−83をつないで、レスペで音だししてみましたが、なかなかいい感じです。連休中にAC30BMとの音の比較でもしてみたら面白かったかな、などと今更ながら思いました。
posted by マット at 13:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

クイーン「まったり」セッションに参加

昨日4月19日、神田のイゾルデで開催されたクイーンセッションに参加してきました。

Q彩セッション.jpg

出番まで、ビールを飲みながら皆様の演奏を楽しみました。
結構セッションではレアな曲もあったと思います。
僕がギターで参加したのは、赤文字の2曲です。

1. Hammer To Fall 
2. Driven by You 
3. I Want It All 
4. The Fairy Feller's Master-Stroke
5. Nevermore
6. One Year Of Love
7. Crazy Little Thing Called Love
8. Don't Stop Me Now
9. You're My Best Friend
10. Killer Queen
11. Tenement Funster 
12. Flick Of The Wrist 
13. Lily Of The Valley 
14. The Show Must Go On 
15. Tie Your Mother Down
16. My Life Has Been Saved
17. Bohemian Rhapsody
18. These Are The Days Of Our Lives
19. No-one But You  
20. We Are The Champions 

はい、僕のことを知っている方や過去ログを読んでくださっていた方であれば、ラスト2曲ということは、どんな演奏になってしまったかは想像できるのではと思いますが、、、(汗)



2次会では、更に飲み放題3時間コース。すっかり出来上がってしまい、皆様と別れた後、何とか無事に寮の部屋までたどり着いたけど、最寄の駅からの道がやけに遠かったな。
posted by マット at 22:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする