2006年12月16日

Brenda and Her Majesty(略してBHM)

京都で行われたA Night At The RAGの「フレディーの勤労に感謝する日」というトリビュートコンサートにてBHMというバンドのステージを見たのはもう先月のことですが、ヤン・アッカーマンの記事など書いているうちに書く時期を逸してしまってました。(汗)

1 RAG.JPG
BHMと表記されているライブの宣伝を見たときには、最初Brian Harold Mayの略だと僕は思いました。
今回ここでいうBHMは表題のごとく Brenda and Her Majesty の略で、
あまりにも刹那的に一夜限りで消滅したQトリビュートバンドの名前です。

他のバンドもすべて良かったのですが、その中でも僕がこの日で一番気に入ったバンドなので、ここで取り上げたいと思います。

昨年このイベントを見に行ったときにもビックリしたのですが、この手のイベントに出場するバンドのギタリストさんは普通はレッド・スペシャルを使用するものなのですが、昨年もそして今年もレスペは1本も無し。
でも、本格的にクイーンの音楽を演奏するバンド、自分達の解釈でアレンジするバンド、それぞれ見ていて楽しめるので全然OKでした。やはりロックは楽しければいいのです。

中でも一番気に入ったBHMは、衣装は凝るけどQトリビュートバンドがクイーンにそっくりのものを使用するのとは別路線。だけど、音は、この日のバンドで一番クイーンに対する尊敬を感じさせるものがありました。

白雪姫?

2 Brenda.JPG

神主さん?
(この格好、ギター弾きにくいと思うのですが・・・、ご本人曰く「ブライアン・メイも初期はヒラヒラの衣装で弾いていたから同じようなもの」だそうで。(僕はちょっと違うと思います。(笑))

3 Yotatei.JPG

ライブが始まる前にステージ衣装を着たボーカルのBrendaさんとすれ違ったら、いきなり
「あら、マットさん。金欠病なのに、よくいらっしゃいましたね。」と言われてしまいまいした。orz

そうなんです。10月〜11月はライブ参戦で苦しかったです。(今も後遺症あり。)
散財したライブは、押尾コータロー、宇井かおり、ウエットン/ダウンズ、エリック・クラプトン、Kunio Kisida、スティーヴ・ハケット、ヤン・アッカーマン、そして自分も参加した京都北山
BBAでのQセッション。

なので、RAGには本当に全然行くつもりがなく、いろいろなところで「金欠病なので行かない!」と宣言していたのでした。でも、何故かスティーブ・ハケットを見に行った24日の夜に気が変わったのでした。(楽しいことが好きなので。^^;)
翌日の午後には「こだま」(「のぞみ」ではない^^)に乗って京都に向かう自分がいました。

話を元に戻しますが、このBHM、上の写真からは想像できないほどの素晴らしいクイーンのトリビュートバンドでした。

ギタリストのよたろう皇帝さんは、アーム付きのギターを持っていなかったのでギターを試奏できないヤフオクで「バクチのように」何本も購入して弾き比べて1本を選び、またエフェクターも何個も購入して「あの音」を作るのに悪戦苦闘したようです。

1曲目のキラークイーンが始まって音を聴いたとき、僕は「おっ!?」と思って瞬間的にステージ前まで行ってエフェクターを見に行ってしまいまいした。

そこにはレスペ使いのギタリストさん御用達のTB−83やフライヤーの姿は全く無く、露天商のように並べられた一群がありました。

注:写真にはその全貌は写っていません。(笑)

1 Yotaroh's pedals.JPG

これを見て、この音を聴いて、10月のQセッションで僕の出番が終わった直後にギタリストのよたろう皇帝さんが「ブライアン・メイの音や〜」と話しかけてくれた際に、僕のデジテックペダルを見て「え?これ1個だけ?」と言ったのが分かったような気がしました。ちょうどあの頃、彼は山のようなペダルと悪戦苦闘していたわけです。
よたろう皇帝さんのブログに、ギターのことなど、また、エフェクターについて更に詳しく書いてありました。

文章力が無いので、僕にはその素晴らしさを伝える自信はありません。
百聞は一見にしかず、彼らのステージを見てください!
(動画アップロードを快諾してくださった、BHMのメンバーの皆様に感謝します。)



↓ブライトンロックでのディレイ4回はご愛嬌。
(重箱の隅を突付くな!>自分)



ピアノのmaetakiさん、ドラムのてりいさんの衣装が見えないのが残念。ベースのさもさんの衣装はパイレーツオブカリビアンか?

あと、僕が良かったと思ったのはBrendaさんの、曲の内容にあわせたMC。
あまり観客にはウケていなかったようでしたけど、シアーハートアタックをLPが擦り切れるほど聞いていた僕には、素晴らしい演出に思えました。

テニメントファンスターが始まる前にはロジャーの独白。
ブライトンロックが始まる前には、登場人物のジェニーになりきって、Brendaさんの普段のしゃべりからは想像がつかない可愛いロリ声。ライブ音源をぜひ聴いてみてください(全18分)。

この日は他にも「オペラ座の夜」1枚まるまる演奏プロジェクトなどもあり、本当に新幹線乗って見に行った価値ありでした。

追記:
ちなみに、10月のQセッションで「神々の業」を僕が弾いたときのベースはさもさん、女性コーラス2人のうちの1人はBrendaさんでした。

追記その2:
Brendaさんのブログ見てたら、動画に映っているよたろう皇帝さんがブライトンロックのソロが終わった直後のクラッカーについて、こんなことが書いてありました。^^

>【皇帝のソロがダメダメだったら紐引かずにそのままクラッカーを投げつける予定でした(笑)見事に弾いてくれたので嬉しかったです〜♪】
posted by マット at 12:15| Comment(11) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に凝ったライブでしたネ〜
ある意味、本人たちより上手かも(笑)
弾けないくせにレスペ持ってる人間がいうのも
なんですが、あれは決して弾きやすいギターじゃ
ないですね
グレコのや他に比べれば僕の持ってるバーンズ
は弾きやすいでしょうけど
妻に内緒で買ったため倉庫に保管してます。
最近は娘達がピアノを習い始めたので
父もギター練習しようかと思案中です。
Posted by kyou at 2006年12月16日 17:19
kyou at さん、はじめまして。
ギターの弾けるパパ、カッコイイじゃないですか、是非お蔵入りから出して泣かせてやってはいかがでしょうか?

余談ですが、私の娘のピアノの発表会で、バイオリンが娘でパパがピアノというセッションが今年ありました(ピアノとクラリネットも)、将来kyou at さんのギターと娘さんのピアノでセッションなんていうのもステキですヨ。
もちろん、曲はQUEENがオススメですが。
Posted by 黒のマニキュア ママ at 2006年12月16日 22:35
♪kyouさん

>弾けないくせにレスペ持ってる人間

それは僕のことです。^^;

>妻に内緒で買ったため倉庫に保管してます。

僕も実は家人にナイショで買ったギターが・・。(汗)

♪黒のマニキュア ママさん

娘さんと旦那様のセッション、素敵ですね。

ちなみに、上の記事のBrendaさん、家で衣装合わせしていたら息子さんに見られてしまい、「もしも中学生の頃に見ていたらグレていたよ。」と言われたそうです。(笑)



Posted by マット at 2006年12月16日 23:48
ごんぬずわー. レスペ掲示板から飛んでまいりますた. 二年位前にスエーデンのヒトで,やはりバーンズのバイソンとBOSSのペダルだけで思いっきり誰よりもブライアンな音を出す人がRed Special Forumに出現してビビらされたことがあります. HD探してみたけど,どうも音源はダウンロードしなかったみたいです. 確かにこういうのありなんですよねー. こういう話の他にも,「ブライアンの音」の80%は音そのものではなくて「弾き方」なんでわないかなぁとか思ったり.

なんだかまとまりの無い文章ですんまそん. あ,アストンマーティンの記事も楽しみますた. もしよかったらブログにリンク貼らせてください.
Posted by N at 2006年12月18日 11:07
こんにちは〜♪

映像、ありがとうございます。

すっごい走りまくってますね(^^;
バンドの紹介文にも書きましたが、メンバー全員が思い入れのあるSheer Heart Attackからの選曲で、リハーサルの時から大変ながらも楽しくて仕方なかったです。

決して万人受けするスタイルではなかったと思いますが、マットさんのように一人でも気に入って頂けた方がいらっしゃったことは本当に嬉しいです。

また一緒に遊びましょう♪

Posted by Brenda at 2006年12月18日 18:23
♪Nさん

いらっしゃいませ!

>スエーデンのヒトで,やはりバーンズのバイソンとBOSSのペダルだけ

↓もしかしたら、Bo Larssonさんではないでしょうか?
http://www.bool.info.se/

上のサイトのThe GearというところのヤマハSXのようなレスペみたいなギターが気になります。

以前、Boさんと例の某サイト管理人さんのご好意で、彼の曲のフルバージョンを18曲聴かせていただいたことがありました。(彼はプロの方で契約の関係等で、某サイトにはサンプルバージョンが多いです。)
ポップな曲づくりが多く、ブライアンそっくりな音でした。まるでELOにブライアンが参加してギターを弾いているような感じの曲もありました。

リンクの件、問題ありません。よろしくお願いいたします。
Posted by マット at 2006年12月18日 21:25
♪Brendaさん

昨年のファーストアルバム中心のGreat King Rat、My Fairy King、The Night Comes Downも良かったです。ギターは別の人だったけどBrendaさん達だったのですね。メンバーの衣装が今年よりもすごかった記憶が。(笑)
一昨年はクイーンUのブラックサイドをまるまる完コピしたとか。クイーンUは大好きなので見たかったです。

Qセッションなどありましたら、また一緒によろしくお願いします。
Posted by マット at 2006年12月18日 21:34
♪Nさん

書き忘れました。某サイトにも上のBoさんのサイトにもありますが、
↓この曲のギターオーケストレーションはデジテックのブライアン・メイペダルを使用とのことです。
http://glenlivet.oderland.com/~bhonus/boo/mp3/Io%20Me%20Ne%20Andrei.mp3
Posted by マット at 2006年12月18日 21:50
マットさん、BHMさんの映像アップして下さりありがとうございます。
初期モノ大好きな私にとってまさに感涙モノです。
京都行ってみたいですね〜。熱〜い臨場感を体験したい!
楽器全然ダメなので、盛り上げる方専門ですけど((´∀`;)・・・
Posted by 雫 at 2006年12月19日 01:58
あ〜,そーそーそのシトです. 顔は初めて見ましたよ. 良いオトコで悔しいですね,くそ〜(笑). 僕もELO+Brianっぽいの聴きますた. ピーターがアップしてくれたんだよな,RS Forumに. 彼のトリビュートバンドにも入ったとか当時言ってたんですけど,その後もまだ一緒にやってるんだろか.

なるほど,デジテックもなかなか良さげですねー.

僕のブログは新年引っ越すので新しいトコでリンク張らせていただきます. ご了承いただきありがとございますた.
Posted by N at 2006年12月20日 13:42
♪雫さん

僕もRAGでは盛り上げ専門で、ビールを飲んだくれてました。^^

♪Nさん

レスペ掲示板にNさんが貼っていた、ようつべの動画
( http://www.youtube.com/watch?v=24V21w0VgzY )を見ました。

師匠が弾くと、どんなアンプでも「あの音」になるのですねぇ。
これ、多分トレブルブースターは無しですよね?
Posted by マット at 2006年12月20日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

宇井かおり
Excerpt: 宇井かおり
Weblog: = 音凾 =
Tracked: 2006-12-27 20:23