2010年05月07日

アンダー・プレッシャーでの失敗動画公開(動画後悔?)

以前書いたように、このブログを始めたきっかけは「悶絶してるプレイをさらけ出してうまくなるための糧にせよ」という言葉を某ブログで見たからでした。

この前大阪セッションでの記事での「アンダー・プレッシャー」、このseesaaブログに動画アップする時は容量を下げないと、うまく動作しないことをいいことにK@BAさんにダウンロードさせて戴いた動画の一部だけ、大失敗後に戻れたあたりからを載せましたが、その後K@BAさんがYoutubeにアップロードしているのを発見しました。

どうせ全世界に発信されてしまったので、上記モットーを忘れずに「悶絶してるプレイをさらけ出してうまくなるための糧にせよ」に忠実にフルの動画を貼ることにします。^^;
(不協和音も出たりして気分が悪くなる恐れがありますので、クリックする場合にはご注意ください。)

まず普段は、僕はこの手のセッションで緊張することが殆ど無いのですが、アルペジオが苦手なのが原因で若干の緊張がありました。
そうしたら案の定、アルペジオで失敗しまくり。
アルペジオ終了直後にコード弾く部分では、ボリューム上げて少し歪ませるべきところをタイミングが遅れて失敗。そのあとのコードも間違えている箇所あります。大体ゲインも足りないし。

歌の"Keep coming with love But it's so slashed and torn"の直後にブレイクした後のコードを間違えて練習していたことに気付いたのが二日前。ギリギリ修正完了していた筈だったのですが、「間違えてはいけない」との強迫観念が災いしてしっかりと失敗。
よくぞ"Insanity laughs Under pressure we're cracking"の所で戻れたものだと我ながら思います。
当日一緒に演奏した皆様、ヘタレギターでゴメンナサイでした!

(動画提供:K@BAさん)



クリックしてくださった方々、お耳汚し失礼しました。
posted by マット at 16:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕もアルペジオについて書こうと思ってたところです。
僕は苦手です、他の難しいプレイするよりもなぜか緊張してしまうし・・・。

一つの間違いに気づいてしまったことが他のミスを一緒に呼ぶ、というのもよくあります。

うーん、ギター、難しいですね(/--)/
Posted by まこと at 2010年05月07日 23:44
♪まことさん
アルペジオ苦手ですか、同志ですね!(って、あまりお互い嬉しくないですね。笑)
アコギが上手な人とか、フォークギターから入った人とかはアルペジオを苦にしていないような気がします。(そういえば、先日話題に出た「上手な日本人ギタリストさん」もアコギでフォークから入り、その後エレキでロックというパターンですね。)

>一つの間違いに気づいてしまったことが他のミスを一緒に呼ぶ

これは素早い気持ちの切り替えが重要なんでしょうけど、ありますよねぇ。

今回の曲なんて2カ月近く前に確定していたのだから、早くから仕込んで1回でもいいから毎日弾いていればかなり違っていたんでしょうけど、仕込み始めたのが1週間前で、一応家では弾けるようになったのが2日前だったですからねぇ。
まるで夏休みの宿題を、学校が始まる直前にあわてて始める小学生のようで恥ずかしい。
次回こそは、、、(汗)
Posted by マット at 2010年05月08日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック