2015年03月21日

東大農学部に出来たハチ公と上野教授の銅像を見に行った。

忠犬ハチ公といえば、渋谷駅前にある銅像が有名。
飼い主の上野英三郎博士が亡くなった後も、渋谷駅まで毎日10年間亡き飼い主を迎えに行ったというエピソードが知られています。

このほど東京大学農学部に、上野博士を迎えに行って飛びつくハチ公の銅像が出来たと聞いて早速行って来ました。除幕式が行われた3月8日はハチ公の命日で、没後80周年だそうです。

hachi.jpg

hachi-0.jpg

hachi-1.jpg

daiza.jpg


鞄まで置いてあるという芸の細かさ!

hachi-2.jpg

出来てから日が浅いからだろうけど、人でいっぱいで観光地のようになっていました。
人が写らないようにシャターチャンスを待ったので、そのような感じではないように見えるけども。でも、多分最初だけですよね。しばらくしたら誰もいない場所になるような気がする。

見に行こうと思う方、地下鉄南北線の1番出口で出ると徒歩30秒で東大農学部の門がありますので、その門を入ると左手すぐのところにこの銅像があります。

寮に帰ってからネットで検索したら、除幕式のときのことがこちらに書いてありました。
posted by マット at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。