2014年06月24日

レシートはもらいましょう。

だいぶ前に、アメリカ人から「買い物をしたらレシートは受け取るべき」と聞かされたことがあります。
レシートを持っていないと、お金を払った後でも、万引きしたと言われた際に証明する手立てがないからというのが理由でした。

日本ではそんな言いがかりをつけられることは無いと思っているので、僕はもらったりもらわなかったり。もっとも、音楽機材関係やCD等などは不良品だった時の事を考えて受け取るかな。
しかし、特にコンビニでの買い物の時は受け取ったり受け取らなかったり、気の向くままといった感じです。

でも、本日とある出来事があって、これからはコンビニでの買い物でも受け取るようにしようかと思いました。今朝のことですが、出勤途中、ファミリーマートで100円の買い物をしたのです。「袋にお入れしますか?」ときくので、「いりません」というと、「では、おしるしで(注:名古屋弁だと思うけど、テープを貼るという意味)」。続いて、「レシートは要りますか?」ときくので、一瞬「いりません」と応えようかと思ったけども、「はい」と言って受け取りました。

もらったそばから、破ってゴミ箱に捨てようと思った手が止まりました。
なんと、「サッポロ黒ラベル500ml缶」が当たっていたのです。

DSC06478.JPG

今まで、ビールが当たっていたかもしれない機会を自分で逃がしていたのかもしれません。
これからはコンビニの買い物ではレシートを受け取るようにします。少なくともファミリーマートでは。
posted by マット at 20:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

ブライアン・メイ、「へっぽこセッション」のような失敗の理由は?

クイーン+アダムランバートの公演が始まって、YouTubeで初日のシカゴ公演の模様が次々とアップされています。

前回の記事で「Bo Rhapのハードロックパートが終わった後のところで、やらかしているような気がする。へっぽこセッションではこういうのあるけど、親近感がわくな〜(笑)」などと書きましたが、僕はこれ、ブライアンが失敗したのではなくて、当該部分をB♭のコードで長めに引っ張ることに打ち合わせていたのを鍵盤のスパイク・エドニーが忘れてしまい、普段のサイズでピアノを弾き始めてしまったせいなのではないのかと想像します。(ブライアンファンの贔屓目かもしれないけど。。(汗)

当該部分を見ると、ブライアンは平然とB♭のコードを鳴らしているところ、スパイクが弾き始めてもブライアンはピアノが聞こえないようで、更にB♭のコードを鳴らしたり余裕でアーミングまでしています。



何百回とこの曲を弾いてきたブライアンがこんな失敗するとは思えないので、前もってB♭で長〜く引っ張るように打ち合わせていたのではないのかと僕は思うのです。(実はへっぽこセッション新年会でも、KAiTOPさんの発案で、「ここを長〜く引っ張って」と打ち合わせたのがトリガーとなって、、(略))

別角度から同じシーンを見ると、ブライアンはアダムが一緒に長〜く引っ張っているのを見て安心しているけど、アダムは気づいてブライアンに「エンディングに入ってるよ」と教えてから歌い始めるように見えます。だけども気づかずにレスペをアーミングするブライアン。。。。。



−−−−−−−− 番外編 −−−−−−−−−−

へっぽこセッション新年会でのBo Rhapでの件の部分。「ここで長〜く引っ張って」ということがトリガーだったのか、はたまたワタクシの場合はビール8杯飲んで酔っぱらっていたせいか1人だけ急にテンポが遅くなってしまっています。指がもつれ、更にラストの部分はブライアンの真似して指弾きで自己練習していたのに、後で見ると本番の一発合わせではピックで弾いていました。。。



番外編、しょうもない話と動画、失礼しました。
posted by マット at 20:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

クイーン+アダムランバートのLOVE Killsは。

このLove Kills、フレディ・マーキュリーのバージョンと雰囲気は異なるものの、かえってクイーンの曲では無いからか聴きやすい気がする。実は僕はフレディのバージョンのテクノっぽい音はあまり好きではないので、こっちの方が好みかも。



雰囲気が違うのはアレンジもさることながら、フレディが歌うキーから、アダムが半音下げて歌っているせいもあるかもしれません。途中で転調して1音上がるところが苦しくなるからかな? アダムランバートも結構高い声が出るヴォーカルさんだと思うけど。

前半は淡々とした感じながら、2:43付近でブライアンがレスペのヴォリューム上げて、ジャーンと歪みを与えたコードを鳴らしたあたりからの盛り上がりがいいね。レスペサウンドも健在^^
posted by マット at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。