2014年04月25日

ビーグル1匹分の重さ

本日は年休を取って人間ドックに行ってきました。
1年前と比べて体重10kg増、胴周り10cm増加で、悪玉コレステロールの値も高いという結果。
数週間後に届く正式結果を見るのが怖い。
ここ1年の不規則な仕事生活と、暴飲暴食がたたったのか(汗)

体重10kgといえば、ほぼビーグル1匹分の重さ。

こいつは約10kg。

DSC06303 (2).JPG

胴周り計って見たら46cmと値が大きいので、僕の10cm増加などは無視しよう(違)

domawari of Dear.jpg

さすがに体重ビーグル1匹分増えたのを数値で目にすると、急に身体が重くなったような気がする。5月になったら運動でもして軽量化をはかるとしようかな。ギター弾く時間も惜しんででも(ウソ)

と、ここまで書いた時点で、2月にビーグル1匹失ってしまったのを思い出したので区役所に電話しました(話の脈絡ありそうでないか^^;)
そのままにしていたら、ベリーに狂犬病の注射の案内が毎年来てしまうので悲しい。
区役所の生活環境課に電話で犬の名前。観察札の登録番号などを訊かれて、「では、これにて廃犬届は完了です」とのこと。
あまりにも簡単で、まるでクルマやバイクみたいだなと思いました。。。。
posted by マット at 15:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

さ〜やんを囲む会に参加した

表題の集いに参加してきたのは、もう2週間前。「第3回さ〜やんを囲む会」です。
第1回目は6年前(うわ、もうそんなに経過するのかっ!)、第2回は昨年11月、そして先日の第3回目。僕は3回とも参加の皆勤賞です^^

僕がさ〜やんと知りあいになったのは、7年前の京都BBAでのセッションで3曲ご一緒したときでした。彼女は当時エイジアのコピバン「詠時感」、ヴィクセンのコピバン「ごくせん」のキーボードを担当している方でした。このBBAでのセッションでの「ブラックマスカレード」は、僕のへっぽこぶりを晒したワースト2と言える失敗でして、一発合わせの参加は初めてと言っていたさ〜やんには申し訳ないことをしました^^;
(ちなみにワースト1は、大阪セッションでの「バビロンの城門」。あ、どっちもレインボーだ。。。)

現在、さ〜やんは楽器演奏は行っていないとのことです。積極的にやめているわけではなさそうでしたが、今はもっと他にいっぱいやりたいことがあるみたいでした。

第3回「さ〜やんを囲む会」は持ち寄りパーティーだったので、僕はロールケーキを購入して行ったのですが、なんと松坂牛を持ってきた人がいました。そるぱんさんが、すかさずホットプレートを持ってきて急遽、焼き肉パーティーの様相とあいなりました。

matsuzakague.jpg

分厚いのにやわらかくて、とても美味しかったです! 
僕は二切れいただいたのですが、後で聞いたところでは1枚700円相当だったとか。写真に写っているだけで1万円オーバーでは。。。(汗)

数種類の「あおちゅう」は、さ〜やんのお土産でした。

DSC06296 (2).JPG

「さ〜やんを囲む会」は、帰省したさ〜やんから、人口が百数十人しかいない青ヶ島の豊かな自然など、興味あるお話しを聞く会でもありました。

20時スタートだったのですが、あっというまに楽しい時間は過ぎてしまい、24時過ぎて終電が無くなってしまった僕は、ギターショップAm Griffbrettの店長こでらっちさんに車で送っていただき無事帰宅できました。

また、「あおちゅう」飲むぞ!(違)
posted by マット at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

ジェフ・ベック名古屋公演を観に行った。

4月15日(火)に名古屋市公会堂で行われたジェフベックのライブを観てきました。
いつぞやのジャーニーのように、聴きに行ったのではないですよ(笑)

実は今回もチケット購入を見送っていたので「聴きに」行っていた可能性もあったのですが、ヤフオクで良い席をゲット。前から4列目だったので高騰するかなと思っていたら、定価10,500円の席を送料込み11,000円で落札してしまいました^^

DSC06313 (3).JPG

僕はジェフベックのライブに行くのは2005年以来だから、実に9年ぶり。

さて、鶴舞駅北口側を降りると、建物の裏手を通り過ぎることになります。

DSC06317 (2).JPG

DSC06318 (2).JPG

入り口に行く前に、リハーサルを少し聴きました。例の場所です(笑)



表に回ると長蛇の列。

DSC06331 (2).JPG

DSC06338 (2).JPG

最後尾は鶴舞駅公園口近くまで並んでました。これなら北口で降りる必要無かったけど、リハーサル聴けたからいいか。

DSC06344 (2).JPG

会場に入ったら、ツアーグッヅ販売場所にも長蛇の列だったのでパスしました。
ステージ前で写真を撮影している人が沢山いたので、僕もジェフのエフェクターを撮影。
撮影角度が浅いから、何を使っているのか分かりにくいですね。

DSC06345 (2).JPG

あの音は、これらのエフェクターを通して出ているわけですね〜。

このとき係員の人たちが写真を撮っている人達に何も言わないから、他の公演と同じく撮影OKかと思っていたら、後で知った事だけど名古屋公演は撮影NGだったらしい。

19時10分白いテレキャスターを持って、ジェフベックが登場。
サイドギター、ベース、ドラムスの4人構成のメンバーです。
僕の席は4列目とはいえ、下手側だったのでジェフまでは15mぐらいの距離がありました。
テレキャスターは1曲目だけ使用して、2曲目は白いストラトに交換。3曲目にジミヘンドリックスのリトルウイングのカバーを演奏する時に、もう1本の白いストラトに交換したと思ったら、4曲目にはまた最初の白いストラトに。あとはずっとこのギターを使用していたので、リトルウイングだけチューニングを変えていたのかな。

演奏はアンコール含めて、全部で1時間40分程度でした。

ネットから拾ってきた、この日のセットリストです。新曲も何曲か演奏した様でした。

2014.04.15 Jeff Beck@名古屋市公会堂 Setlist
1.Loaded
2.Nine
3.Little Wing
4.You Know You Know
5.Hammerhead
6.Angles Footsteps
7.Stratus
8.Yemin
9.Where Were You
10.Egyptian
11.Pork Pie Hat / Brush With Blues
12.You Never Know
13.Danny Boy
14.Why Give It Away
15.Led Boots
16.Choral
17.Big Block
18.Day In The Life
---encore---
19.Rolling And Tumbling
20.Cause We Ended As Lovers


2005年にセンチュリーホールで見た時には7列目だったのだけど、1曲目からオールスタンディングになってしまってくたびれました。ずっと立っている体力無いので(汗)、今回は座って見ることができて良かった。

ところで、音だけとはいえ、4月7日の東京公演のライブ録音をアップしている人がいたけど大丈夫なのか?
削除されてしまうかもですけど貼っておきますね^^
名古屋公演とは若干セットリストが異なるようです。

posted by マット at 12:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

昨年11月のKunio Kishidaライブが撮影禁止だった理由は。

昨今、撮影OKのライブが増えてきている。
現在来日公演を行っているジェフベックのライブも、フラッシュをたかなければ撮影OKらしい。

Kunio Kishidaさんのライブは、基本的には写真撮影を禁止していない。
唯一、名古屋のell sizeでライブを行った時には、岸田さんはOKしてもライブハウスの方針で撮影禁止だったことが、僕が知る限りではあったぐらいである。

ところが、何故か昨年11月に名古屋のパラダイスカフェでのKunio Kishidaライブでは、出演前の岸田さんにお会いしたら「今日は録音も撮影も禁止だからよろしくね」とのひとこと。
この日のドラマーさんの須田ポニーさんからは「僕は途中で体調が悪くなりますから」との意味深な発言を聞いてました。

ステージのMCでも会場の皆さんに、この日の出来事はインターネットに掲載することも禁止、誰にも話してはダメとのこと。

ただし、ドラムマガジンで公開された時には解禁とのことなので、今更ながら書いています。
これは掲載されることを忘れた頃の最近になって公開されていました。

何があったかというと、途中でエリッククラプトンの名盤「スローハンド」等でドラムを叩いているジェイミー・オルダカーさんがスペシャルゲストとして現れたのでした。なんでもお忍びでの来日だったらしい。

ジェイミーさんのドラムは音厚が凄かった。まさかこの日、この方のプレーを体験できるとは想像もしていなかったので得した気分になりました。

ミーハーなワタクシは、ライブ終了後にサインももらってしまいました〜。

DSC06312.JPG

件のドラムマガジン最新号に収録されたジェイミー・オルダカーのインタビューは、岸田邦雄さんが行っています。
このインタビューを読むと、ジェイミーさんはへヴィ・メタルもやったことがあるというのが意外でした。
posted by マット at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。