2013年10月25日

これは何でしょう?(解答編)

先日のバットでもなく蕎麦打ち棒でもない写真は、何を隠そう、レスペのネックでした。

KzJrのネックは本家レスペと比べて薄くなっているとはいえ、僕には太くてビブラートをかけた時に左人差指の付け根が引っかかる感じがあるのにストレスを感じてました。また、ローポジションにて親指で6弦を押えるシェイクハンドでのコード弾きをする時は、結構無理して押えていたのです。

Kzレッドスペシャルは芸術品的な美しさがあるし、なんといってもこれ以上ネックを薄くするとサスティーンが悪くなるという話もあったので、弾きやすいように変えるのは躊躇していました。
でも飾り物ではなく使ってナンボ、今回踏ん切りがつき、実戦用に弾きやすさ重視でネックのリシェイプを行っています。

re-shape 2.jpg

あ、さすがに自分で行う勇気はありません。古川師範代さんの工房にお願いして、現在作業進行中です。

前回の写真、こうしてボディまで見えればバットや蕎麦打ち棒には見えないですよね(笑)

re-shape 3.jpg

今回のネックリシェイプは、1〜3弦側のみの頬コケで依頼。なので、完成形は非対称ネックです。

ヤスリかけしたときに真っ白になってしまったというバインディングも、周囲の色とあわせていただき黄色がかった色となってます。下塗りが終了した時点の写真です。

binding.jpg

トップコートを吹いている途中の姿。

Top Clear.jpg

現時点、塗装が終了して2週間以上の乾燥期間に入っているところと連絡をもらっています。

レスペが手元にないので、来月のへっぽこクイーンセッションの仕込みはレスポールで始めました。アームが無いので、これに慣れると当日弾いててアームを使用しない奏法になってしまうかも(汗)
posted by マット at 20:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

銀のレスペ

前回の続きは次回以降ということで、、。

今回はブライアンが弾く、銀色のレスペの動画です。
動物愛護で、アナグマ狩りに反対するブライアンの活動の一環ですね。

2:30〜2:35の所を見たら、このデザインはアナグマの毛並みを表現しているのかなと思いました。




この銀のレスペ、エレクトリックギターだと思うけど、音はエレアコのような感じがします。
posted by マット at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

これは何でしょう?

台風27号、来てますね。金曜日あたり電車が止まって通勤に支障が出そうな気がする。

さて、表題の件は下の写真なのですが、野球のバットではありません。

not a butt.jpg

6年越しのストレス解消を目指して!

やってしまいまいました。。。。
(って、意味不明ですよね^^;)

                      続く。。
posted by マット at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

君もロックに強くなろう! 

表題のセリフは下のグレコのCMに出てくるのですが、まるで「君も英単語に強くなろう!」てな感じですね(笑)

成毛滋さんも長髪、高中正義さんも長髪です。




後ろに写っている成毛さんのマーシャルのプレキシは、現在は古川師範代さまのところにあります。そのギター直結アンプサウンドは古川師範代さんの作品、「One Man Zepp」等で全世界に発信されていて誰でも聴くことができます^^
posted by マット at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。