2013年06月16日

将来に、未来に絶対は無いということ。

さっき家に帰って、こんな生活がしばらく続くならば、1か月以上あるとはいえ、7月末の炎天下での「へっぽこセッション」の仕込みを始めないとマズイなぁと思いました。

そして、参考動画を探していたら2005年7月のピンクフロイドの動画を発見。
僕の場合YouTube見ていて、こういう目的と異なる動画にぶち当たると脇道にどんどん逸れて、とどまるところを知りません(汗)

噂には聞いていたけど、長い間あり得なかったはずのロジャー・ウォーターズとデヴィッド・ギルモアの共演、この動画を観たのは初めてでした^^

人間の考えなど変わるものだし(自分を振り返っても^^;)、しかも人生はつまるところ偶然の連続だと思うので現時点での未来は決まっていません。いくらでも変わるんです。   
(一昨日、芸能人の方で踏切で乗車していたタクシーが踏切で電車に当たった事故も、「あと1秒早かったらタクシー乗車時に踏切で真横に電車にぶつかってた」と言っていた様に偶然が幸いした事例です。でも、そもそもその運転手さんのタクシーが通りかからなければ乗っていない、とか、そのタクシーに前に乗った人の行き先が違えば、とか、その運転手さんが運転手を職業にしなければ、とか、つまるところ、、、切りが無いですね(笑) 前にも書いたような気がするのですが、これを読んでいるあなたが今このままパソコンに向かっているか立ちあがってトイレに行くかで、明日の今いる場所が微妙に変わってきてしまい、あなたの未来が変わるわけです。)




ロジャーウォータースが来日した時は名古屋飛ばしだったし、その時は見ることができなかったので残念に思ったけども、その時点ではロジャー・ウオーターズとデヴィッド・ギルモアがその後一緒に演奏することなどあり得ないと思ってました。

本人達が「絶対無い」と、ず〜っと言いきってたわけですしねぇ〜。

「ファイナルカット」を1983年にリリース後、(何でこの年号を憶えているかというと、このLPを発売直後に購入した翌日に、僕の初めての中型バイクRZ350を盗難されたんですよね〜。)ロジャー・ウォーターズが脱退してからピンクフロイドの名前の使用権で裁判したりしていた期間も含めて、こんな日が来るとは傍から見ていてもあり得ないと思ってました。
posted by マット at 02:09| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

ハードな日々

先々週から何だか忙しい。

「忙」という漢字は、心を亡くすと書くので日常で「忙しい?」と聞かれても「いえ」と、
ここ10年ぐらい応えるようにしてたのですが、いそがしい今日このごろ。

5/20(月) めんどくさいことになった日
5/21(火) なが〜い会議があった
5/22(水) 出先で22:20まで会議
5/23(木) 出先で21:30まで会議
5/24(金) 出先で23:10まで会議 帰れなくなったのでタクシーで帰宅。
(ちなみにタクシー代は1万7千円もかかった。9千円を超えるとメーターが上がると同時に割引料金が発生することを初めて知りました。)

5/27(月) 東京に急遽日帰り出張
5/28(火) 定時で退社^^
5/29(水) 別件で日帰り東京出張
5/30(木) 新たな問題が出た日、急遽出張して出先で20時から始まった会議が翌日1時半まで。この日新たな問題としていたことが問題無いことが判明。再びタクシー1万7千円で帰宅。
5/31(金) 根本的な問題は解決しないまま、急遽東京に出張。東京での会議で遅くなり新幹線の終電に乗り遅れて実家に一泊。

6/1 (土) 早朝実家を出発、午前中に帰宅。
        帰宅後、Kunio Kishidaライブがこの日東京であることを知って残念に思った。
        ラリルレさん情報で、夜ellで、Queenessのライブがあることを知って観に行く。
6/2 (日) 嫌いな休日出勤で、明日の出張先での会議のためのデータ整理

6/3〜(予定は未定)いつになったら終わるのか?

1週間で名古屋−東京間を新幹線で3往復したのは初めてです(汗)


さて、ふと気が付くと6月。

尼崎での「すまんそんぐせっしょん」に参加したことを書いてませんでした。
「すまんそんぐ」というネーミングは、たぶんレッド・ツエッペリンのレーベル「スワンソング」をもじったものと想像します。

参加するきっかけは、1月に京都の祇園で参加した「へっぽこセッション」で「カシミール」をご一緒した、ドラマーの「ちゃおさん」から誘われたからでした。彼が主宰するセッションです。

場所は今まで僕が参加したセッションでは一番西の、兵庫県は尼崎。

DSC05392.JPG


今回はスタジオセッションです。

DSC05391.JPG

いつもはツエッペリンだけらしいのですが、今日はハードロックの曲もOKという企画でした。僕はブラックモア1曲とペイジ3曲で参加。赤文字が参加した曲です。

<当日のセットリスト>
1 ZEP)Rock And Roll 〜〜4)Celebration Day   (メドレー)
2 ZEP)Nobody's Fault But Mine
3 ZEP)What Is And What Should Never Be
4 ZEP)The Wanton Song
5 ZEP)Ramble On
6 HR)Slow An' Easy / 白蛇
7 HR)Deep Purple第4期Come Taste the Band You Keep on movin
8 HR)Deep Purple (Live In Japan) - Highway Star.
9 HR)Glenn Hughes - Burn Live Japan 1994
10 HR)RAINBOW/SINCE YOU BEEN GONE
11 ZEP)The Song Remains the Same〜The Rain Song
12 ZEP)I can't quit you baby
13 ZEP)Immigrant Song
14 ZEP)Achilles Last Stand
15 ZEP)Night Flight
16 ZEP)Communication Breakdown
17 HR)Black Diamond / KISS
18 HR)N.I.B. / Black Sabbath
19 HR)Iron Man / Black Sabbath
20 HR)War Pigs/Black Sabbath
21 HR)The boys are back in town /thin lizzy
22 ZEP)カスタード・パイ
23 ZEP)Royal Orleans
24 ZEP)Heartbreaker
25 ZEP)Good Times Bad Times
26 ZEP)Stairway To Heaven 

出番が始まる前に腹ごしらえに誘われて「餃子の王将」について行ったのが運のつき。
悪友に誘われて自分の出番が終わるまでは我慢しようと思っていた生ジョッキを一杯^^;
案の定、苦手のアルペジオが弾けなくなってしまい、ブラックモアの曲もライブバージョンで楽すれば良かったのにスタジオ盤のアルペジオで弾こうとしたので自爆(汗)

アキレスラストスタンドのイントロも楽勝だったはずなのに、何度も失敗してしまい皆さん大笑い(大汗)




<以下余った時間で予定に無かったアフターセッション>

27 Rock And Roll
28 Highway Star
29 LoveGun
30 Whole Lotta Love

何だか全く練習しなかった何十年ぶりの「ハイウエイスター」とか「ホールロッタラブ」、演奏は滅茶苦茶だったけども弾いていて楽しかったな^^





この日の帰りには、新幹線に乗る前に梅田に寄ってビルの谷間にそびえ立つ大観覧車を眺めました。

DSC05393.JPG

次に参加するセッションの予定は、炎天下での「サモーソニック」
あの暑さを想像するだけで倒れそうになります!(笑)
posted by マット at 00:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。