2012年12月31日

エフェクターボードの入れ替えに手間取った。

8月のへっぽこセッションから、エフェクターボードなるものを使用してます。
これだと、慌ただしいメンバー交代の時間が楽だということに気付いたので。

配置は8月のまま、こんな感じでした。

DSC05078.JPG

右から電源、チューニングメーター、ブライアン・メイRSペダル、ディレイです。

先ほどパルコの島村楽器で、取り付け用のマジックテープを購入。
(昨日99.9%無いと思いつつも、ナンシー名古屋店に電話してみたら無いとのこと。まれにしかエフェクターを売っていない店だから当たり前ですよね^^;)

DSC05079.JPG

1月13日のへっぽこセッションでは、RHAオーバードライブとfOXXのフェイザーを使おうと思ってます。ノーマルチューニングとDADGADチューニングの曲を弾くので、自動でチューニング変更ができるロボットギターのデビュー戦です。
なので、今回はエフェクターボードにチューニングメーターは要りません。

しかし、fOXXのフェイザーにマジックテープを貼ろうと思って裏を見たら、4隅の足が邪魔なことに気づきました。

DSC05080.JPG

カッコ悪いけどネジを取っ払って裏ぶたをガムテープで固定し、マジックテープを貼りました。

DSC05085.JPG

fOXXのフェイザーには、もうひとつ落とし穴が。
9Vの電源をつなごうとしたら、このインプットって特殊で大きさが通常のエフェクターのものは差し込めません。なので、ガムテープを外して再び電池を取り付けました。

DSC05083.JPG

さて、これで完成。

DSC05093 (2).JPG

と、思ったのですがギターつないで音出ししてみたら、RHAをオンにすると電源ハムのような音が出てしまいます。fOXXは問題なし。電源のコンセントを逆に差し込むと解消するという話もあるので、試してみたけどダメ。

結局100V電源からのパワーサプライをやめて、RHAに9V電池を入れたら解消しました。

その結果、エフェクターボードはこんなシンプルに(笑)

DSC05098.JPG

思いのほか手間取ってしまい、ギターを弾く時間が無くなってしまった。。。

今から出発して、2泊3日で伊豆の温泉に行ってきます。

皆様、良いお年を!
posted by マット at 12:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

クリスマスソング♪

古川師範代さんが弾くサイレントナイトです。



余談ですが、少しだけ見えるギターのカッタウェイの緑色で、僕に譲っていただいたスリムネックの古川モデルだと気づきました^^
posted by マット at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

素敵な星空、美しいです!

今月の初め、ブライアン・メイの実質的なブログである「SOAP BOX」に貼られていた動画です。



南米のチリの星空が、こんなに美しいとは知りませんでした。

天の川は、我らが地球も含む銀河系が平面的であり、平面方向には天体が密集して見える現象と聞いていますが、僕は学生の頃にバイクのツーリングに行った時に日光の「華厳の滝」で見上げた星空で見た時以来の天の川を、ブライアン師匠のおかげでこの動画で見ることができました^^

しかし、この他にも離れたところに距離を置いて宇宙空間にはアンドロメダ銀河とか、たくさんの銀河があるわけです。

そして、慣性の法則があるおかげで、我々は普段の生活をしている時には自分が動かない限り全く移動していないと思いこんでますが、地球は太陽のまわりを周回しているだけで時速11万キロで我々を載せて動いていています。更には銀河系ではエントロピーの増大とともに(宇宙は常に広がっているので)僕たちは常に時速216万キロで動いているわけです。これって、ちょっとビックリしませんか?

閉塞感があるこの日本、こうやって宇宙の事をちょっとでも時々考えれば、日常の嫌な出来ごとや悩みなども、小さなことに感じるように思うのですが、如何でしょうか^^
posted by マット at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

ヤン・アッカーマンの最新映像

2012年11月16日の演奏です。曲は「MENA MURIA」と「HOCUS POCUS」。
この2曲、美しい曲から激しい曲へ、静と動といった感じのステージングがいいですねぇ。

「HOCUS POCUS」ではヨーデルの部分をワウで演奏することが多いけど、トランペットに任せて指弾きのアルペジオでバッキングしてますね。ヤン師のピック弾き → 指弾きの際に、口の中にピックを入れてしまう技(?)は残念ながらこの動画には映ってません。取り出すところは映っているけども。

普通のヒトは唇にピックを咥えるだけだけですが、口の中に入れてしまうと唾液がついて滑ってしまわないのかなどと思ってしまいます。

posted by マット at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

山下弥生さん、先ほどお会いした歌手。

さきほど、ころの散歩のついでに久々に、 (アポストロフィ)に寄ってきました。

DSC05011.JPG

DSC05012 (2).JPG

DSC05021.JPG

ころを外につないで、ころは外でお留守番。

すぐに帰るつもりでカウンターに座って、生ジョッキを一杯。

横にいた女性が、お店のマイミクのちーちゃんのお知り合いということで紹介されてご挨拶。

僕は存じ上げなかった方だったのですが(この辺に住んでるとこういうことが多い^^;)、90年代にエピックソニーからHomeless Heartというユニットで、3枚のアルバムをリリースした女性ヴォーカリストさんとのことでした。エピックソニーではドリカムと同期だったそうです。

グレイハウンドのバスでアメリカを旅した話で、なんだか盛り上がってしまいました。
(僕は1986年3月に約1カ月弱の貧乏旅行で、山下弥生さんは1988年に1年弱、グレイハウンドのバスに乗ってバーとかで歌っていたらしいです。)

ようつべを検索してみて、無いかもなぁと思ったらありました。

このアルバムジャケ絵は、福生の横田基地の横、国道16号線で撮影したと言ってました。
作詞・作曲は全部ご本人がされたそうです。



なんだか、上の曲はソロになってからのカルメン・マキさんの曲っぽい感じがするのは気のせいか。

他にも沢山ようつべにアップされてました。



下のは、件のグレイハウンドバスが歌詞に出てきますね。僕もエルパソから歩いて国境越えてメキシコのファレスに入国しました。



しばらくしたら彼女、家が遠いからと言って僕よりも先に帰宅されました。
(でも東京で例えれば原宿から広尾ぐらいの距離だから、そんなに遠くないんだけども、名古屋ではそんな近距離でも遠距離の感覚というのが不思議。)

こちら、アマゾンで検索したらヒットしたセカンドアルバム(1995年作品)

posted by マット at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。