2012年06月25日

ロボットギター、ピックアップを交換する前のサウンド。

前回、ピックアップをバーストバッカー3&2に交換後の動画を掲載しましたが、今回は交換前に490R アルニコII(フロント)、498T アルニコV(リア)のままのオリジナルピックアップを、古川師範代さんにお願いして鳴らしていただいた動画です。





マーシャルの1959プレキシ直結だと、オリジナルのピックアップでも「しょぼい音」ではないですね(汗)

古川さんによると、「バーストバッカーのほうが音のツブ立ちが良くてクリアさが増した印象を持ちました。」とのこと。 僕の音楽環境では、明らかにオリジナルよりも好みの音になってピックアップ交換は正解でした。
posted by マット at 23:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

ロボットギター、ふたたび。

以前、ロボットギターが壊れてしまって手放したことがありました。

あれから1年弱、ナンシーでヒスコレを入手した直後の2月末に、コメ兵で「ミント状態」の1stロット品を発見してしまいました。

2007年12月7日に全世界で同時発売された、限定の1stロットカラーのこれです。

GIRob0803.jpg

しかも価格は、このシリーズの末期に叩き売りされたよりも安価な8万円。思わず購入してしまいました^^;

DSC04538.JPG

音がしょぼいのは前回の時に分かってましたが、いいんです。
自動チューニング仕様で価格が30万円代ということは、木材もいいものは使用してないわけだし、ピックアップの交換前提で入手したのでした。

今回はバーストバッカーシリーズで一番パワフルで、本来リアに付ける#3をフロントに、そしてリアに#2を試してみたくなりました。そして、フロントに取り付けるバーストバッカー#3は前後逆に。

そうです、ここまで読んで気がついた方もいるのではないかと思いますが、遊び心でピーター・グリーン → ゲイリー・ムーアで有名で、その後コレクターのメルヴィン・フランク氏が
所有しているという、このギターそのままの仕様の真似をするとどんな音になるかという好奇心。

本当はセンターポジションにしたときにフェイズアウトにしたかったのだけど、改造をお願いしようと相談したH/F STUDIOの古川師範代さんからは、ディマジオのピックアップならば簡単だけど、ギブソンの場合ピックアップの改造しないと困難で手間がかかるとのこと。

そこまでするほどの思い入れは無いので、フェイズアウトは無しの方針に変更。

お金をかけたく無かったので、安価にバーストバッカー3&2を入手するべくヤフオクを覗いていたところ、4月にバーストバッカー3を、無事8千円という安価で入手。

8800.jpg

8800-2.jpg

ところが#2のほうが、なかなかいい出物がありません。高価だったり1&2のセットで販売とかで、気長に探してました。そしたら5月に入ってようやくeBayオークションで、バーストバッカー2を円高の恩恵もあり米国からの送料込みで7千8百円で落札することができました。

そして5月中旬に、H/F STUDIOさんに改造を依頼。
ピックガードを取りつけたかったのですが、限定1stロットカラーをスポイルしない色をと考えて、透明ピックガードの作製&取り付けをお願いしました。

改造途中の写真を見せて戴いたら、狙い通りでなかなかいい感じ。
フロントのピックアップ、ボビンの位置から逆さに取りつけられているのが分かります^^

133846506771613217209_P1000070.jpg

完成後は、マーシャル1959でのシールド1本での音出しをお願いしました。
さらにせっかくのロボットギターなので、変則チューニングDGCGCDのあの曲「レインソング」もリクエスト。



バーストバッカー3のフロントの音は、このあと自分でも弾いてたところ、通常のレスポールのフロントの音とは一味違う太い音に思いました。
posted by マット at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

古色蒼然とした映画館

先日、西尾というところに出張で行ってきました。

駅前でタクシーに乗ったら、タクシーの運転手さんが大きな屋根の建物を指さして、
あれは映画館なんですよ、とのこと。
昔映画館だった建物ということかと思って訊き直したら、今でも上映していると言ってました。
とてもそうとは見えません。

NISIO-1.jpg

思ったよりも早く仕事が終わった事もあり、このあとちょっと確認に行ってみました。
やはり、映画館とはにわかには信じられません。

NISHIO-2.jpg

横を歩くとこんな感じ。
ほんとに映画館やってんの? てな思いが。

NISHIO-3.jpg

表に回るとこんな感じでした。

NISHIO-4.jpg

これはまさに、藤森照信さんが東大大学院生時代に論文で建築学会に発表したという、
看板建築そのものですね。

この手書きの広告なども「三丁目の夕日」の時代といった感じです。

NISHIO-6.jpg

NISHIO-5.jpg

この入り口を入ったところに、チケット売り場があります。

NISHIO-7.jpg

中を覗き込んで見たら、大昔の俳優さんの写真がずらーっと天井下の壁に貼ってあって、
手前では駄菓子などを販売していて、昭和40年代といった風情でした。

観たい映画がかかってたら、チケット買って入場してたかもしれません。
そして観客が僕1人だけだったらちょっと怖いですね(汗)

でも、建屋の中とかイスとかがどうなっているのか見てみたい気もします^^
posted by マット at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

ヘッド折れ修復があっても2千万円、さすが本物の1959年製バースト。

3月の終わりからずーっと、とある目的でギブソンのバーストバッカー2&3を安価にて探していたのですが、4月末にヤフオクでバーストバッカー3を約8千円で入手。バーストバッカー2はなかなか安価な出物が無かったのですが、ヤフオク以外にもeBayを探していたら、これも5月に8千円ぐらいで入手することが出来ました^^

そんなこともあったせいか、本日「オススメ」ということでeBayから届いたメールに、ヴィンテージのレスポールが出品されているのを発見。

なんと25万ドル。1ドルが100円だった時と比べて、今は80円ぐらいだから500万円も安い、買うべし。なーんてわけにはいきませんね(笑)

$(KGrHqRHJBwE9r5N3f00BPdNTFp4Jw~~60_3.jpg

$(KGrHqR,!l!E9Hm73Po1BPdcjvGPdg~~60_3.jpg

$(KGrHqRHJBoE9qTR)2y6BPdNR(FTZQ~~60_3.jpg

このギター、「J.Geils Band」のジェィ・ガイルズが使用していたものです。
最後に使われたのは2010年にジェイ・ガイルズ・バンドが、エアロスミスと一緒に出演した時だそうな。

$(KGrHqZHJEgE88d2OW)9BPdNR5!Ol!~~60_3.jpg

$(KGrHqJHJFYE88fNLvR8BPdNSD(9N!~~60_3.jpg

$(KGrHqNHJFIE88e5ST0oBPdNSLF6dg~~60_3.jpg

$(KGrHqZHJFQE88fBbsi0BPdNRgty3g~~60_3.jpg

ネックには折れて修復した跡がありますし、ジェイ・ガイルズが入手したときはひどい状態だったそうで、リペイント等いろいろ施してオリジナルに戻したギターとのことですが、これが無かったらもっと高価なのか?

$(KGrHqJHJ!wE9qgSbFDtBPdNR90DzQ~~60_3.jpg

写真眺めるだけで、お腹いっぱいです^^
送料無料って書いてあったけど、この価格では途中での紛失や事故もこわい。
もしも買えるような身分だったら、自分で見に行ってから実物見て触ってみて、持って帰ってくるのが普通の感覚ですよね。

ギターのある場所はマサチューセッツ州のボストンだそうです。

『 You are welcome to visit us at our store....10 minutes from Berklee College of Music...5 Minutes from Harvard Square
Mr.Music,Inc
128 Harvard Avenue
Boston (Allston), MA 02134 』
posted by マット at 00:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

歴史に残る門?

昨日、犬の散歩をしてたら、鶴舞公園で変なものを見つけました。

DSC04766.JPG

犬のリードを引っかけた部分の写真。

DSC04765.JPG

この柱の様なものが2本あります。

DSC04767.JPG

反対側から撮影した写真。

DSC04768.JPG

これは路上観察でいうところのトマソン物件ではないか、と思ったのですが、歴史的に意味があってわざわざ残したものであることが、脇に立っていた説明で判明。

1918年(大正7年)から1937年(昭和12年)まで動物園がここにあり、
入り口の門の柱だけが残されているようです。

DSC04770.JPG

当時の写真もありました。こんな感じだったようです。

DSC04769.JPG

以上、いつぞや書いた鳴海球場以来の、路上観察ネタでした^^

路上観察ネタに興味がある方は、下の写真をポチッと押して見てください。
この本の表紙の写真は、六本木近く、現在のアークヒルズとなっている場所にあった無用煙突に昇って、赤瀬川原平さんの生徒が、命綱も付けずに撮影したものです(怖い)。

posted by マット at 16:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

久々に宇井かおりさんの歌声を聴くことができるアルバムがリリースされた。

一昨日の5月30日にリリースされたCDです。

このアルバムでは、宇井さん参加の2曲以外は全曲インストルメンタルのようです。
Youtubeで試聴できます。



僕は、最近職場への行き帰りの車中では、4月にDTのライブを観に行った時に書いた、コンサート会場で購入したドリームシアターの最新作をヘビーローテーションで聴いてますが、今度は嗜好を変えて、こういう音楽を聴きながら職場に向かえば朝から穏やかな気分で気持ちよく仕事ができるかもしれないなぁ、などと思います^^

このアルバムは葉加瀬太郎さんのレーベル、HATSからのリリースとなっているようです。

posted by マット at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。