2011年10月26日

これは産業ロックではないでしょう

来年の1月に、京都でセッションがあり参加表明をしました。

お題は「産業ロック」。

コミュの管理人さんが、産業ロックの定義を書いていました。

『細かいことはいいません。
というか、僕もよくわかってないです( ;´Д`)
ご自身が産業ロックだと言い張れば、それは産業ロックです』


というのことだったので、
↓The Water Boysの曲などリクエストしてしまいました。



だけど、自分でもさすがにこれは定義から外れているように思えたのと、誰も便乗がなかったのをいいことに、先ほど取り下げをしてしまいました^^;

ギターでのエントリーにも関らず、少しだけで殆どギターの音は聞こえてないし(汗)
よく考えてからリクエスト&エントリーしないといけなかったですね^^;
posted by マット at 00:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

1970年、ブラックモア御大25歳。

前回貼ったライブ動画から遡ること41年前、こういうリッチー・ブラックモアのほうがカッコイイと思う。
動画の最後の部分、イアン・ペイスまでがドラムセットを自分で倒したように最初は思いましたが、リッチーが何かを蹴ったのが命中したようにも見えます。



4人目の奥さん、1971年5月生まれのキャンディス・ナイトはこのとき−1歳。
ご本人もこの演奏の時には、この翌年に生まれる女の子と将来結婚し、バンドを一緒することになるとは予想もしなかったのではないでしょうねー
posted by マット at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

半分シングル、半分ハムバッカーのピックアップ

前回シングルに見えるハムバッカーPUの事を書きましたが、80年代に発売されてイングウェイ・マルムスティーンが使用したディマジオのHS−3というのも積層ハムバッカーとのことです。

表題のピックアップですが、このギターに付いています。

Supro.jpg

一見ハムバッカーなのですが、1−3弦がシングルで4−6弦がハムバッキング。
現在スプロの商権を所有するブルース・ジンキーが考案したピックアップですが、音に関する僕の感想はシングルピックアップの音というものでした。

DSC03443.JPG

構造がどうなっているのか見てみたくてPUカバーをはずしてみようかと思ったのですが、見えないようにコイル本体が(樹脂で?)覆われているということを聞いてやめました。
まるで個人による設計製作販売のエフェクターの様ですね(笑)

このスプロギター、ヴィンテージの安物ビザールギターでは無く、現行モデルでブルース・ジンキーが HOUSE OF J.B.GUITARS というプロギタリスト御用達のギター工房に作らせているものらしいです。

ヘッドの裏に工房のロゴ。

DSC03447.JPG

ヘッド表にはスプロの文字。

DSC03446.JPG

シリアル#1はブルース・ジンキー本人が所有、他の一桁番台はエアロスミスのジョー・ペリー、ローリングストーンズのキース・リチャーズ、ロニー・ウッド(実際にストーンズのステージで使用している。)他が所有とのこと。

僕が所有していたのは10番台だったので「スゴイ」と思ったのでしたが、後で聞くには2006年製作の1本目から5年経過した現在でも、製造中止になったわけでもないのに20本も製作されていないとのことで、ある意味希少価値はあってもシリアル#に関してはすごくも何もなかったわけです^^;

ボディはバスウッドでネックの指板はローズウッド。
ネックのボディへの取り付けは、下の写真の金属の覆いを外すと、レスペの様にボルトにナットで締め付けているという作りが見えました。

DSC03444.JPG

セミホロウボディでもないのに2.8kgという軽量ギター。
遠方にセッションに行くときに軽くて楽だと思ったこともあり、入手したのでした。

でも'73ストラト、ローズサンバースト購入のときに手放してしまい、結局セッションでの活躍はありませんでした(汗)

このスプロギター、シールド繋がずに弾くと激鳴りボディのギターだったのですが、アンプにつなぐと上述の変わったピックアップをうまく使いこなすことができず、イマイチの音しか僕には出せませんでした。。。
posted by マット at 22:47| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

知らなかったー

何を今更、という方が殆どだと思うのでお恥ずかしい^^;

いや最初に、80年代初頭に1回ギターやめてしまったせいであろうと言い訳しておきます(汗)
ギターの雑誌も殆ど買わないし、ピックアップの特集があっても真剣には読まないし。
でも、笑われても仕方がありません。本当に知らなかったのですから。。。。

先日、知り合いの方とメールで会話していたら「積層ハムバッカー」なる単語が出てきました。
え?初めて聞くけど何それ? なんて思ってしまいました。

ハムバッキングのピックアップといえば、ギブソン社が開発して1958年からレスポールに取り付けた、フェンダーのシングルピックアップを横に並べた外観のピックアップだと思っていました。

皆さんご存知の、こういう形状のピックアップ。

ハムバッカー.jpg

だから、普通のストラトに改造無しで取り付けることができるピックアップって、横幅を短くして横に2つ並べてシングルコイルと同じサイズにしたものしかないと思っていました。

こんなのとか、

SJB J-1 JB Jr.jpg

こんなの。

SHR−1 HOT RAILS.jpg

だけど、ぐぐってみたら横置きではなく縦置きにして、サイズも外観もシングルなのにハムバッカーというのがあるのを初めて知ったのでした(汗)
それが「積層ハムバッカー」。

外観は本当にシングルとソックリなのに、ハムキャンセル。

これがメールでの会話で出た、ディマジオのDP−402です。

dimarzio dp402.jpg

いろいろし調べてみたら、僕が過去に所有していたことがあったフェンダーUSAのジェフベックモデルに付いていた「Noiseless」も「積層ハムバッカー」だったのでした(大汗)

noiseless.jpg

だって、これって違和感がなくシングルピックアップの音でしたので。

ただ、どうやってノイズを小さくしたのかなぁとは思っていたけど、、、知らないで「積層ハムバッカー」を使用していた事があったのを知ったのは、ナンチャッテギタリストの僕でもちょっと恥ずかしいものがありました。。。。(滝汗)
posted by マット at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

Youtubeの僕のサイトの動画に1万5000人以上が視聴の動画があった。

お時間がある方は下の動画、観てやって下さいませ。
ヘタレギタリストですが。。。。

1万9000人以上が見てくれた動画は「We Will Rock You (Fast)」です。
でも、高い評価が現時点で37人、低い評価が28人と殆ど半々の評価(汗)
一発あわせセッションのための練習で、音源にあわせて独りでスタジオで弾いたときの動画です。




「Don't Stop Me Now」は901回の視聴。



ディープ・パープルの「紫の炎」は633回の視聴。
上のもこれもリハーサル無しの一発あわせセッションなのですが、
出番直前にヴォーカルのAさんから「最後に笑いをとろうぜ」とネタを言われたのですが、
僕も含め皆さんあまりにも直前に言われて失敗してます^^;



ポール・マッカートニー&ウイングスの「My Love」は、353回の視聴です。



クイーンの「愛にすべてを」は463回の視聴。
このときはボーカルのKさんの要望で半音下げでした。
レギュラーチューニングのままで半音下げだったので、時々1フレット間違えてすぐに修正しています(汗)



posted by マット at 23:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

ブライアン・メイの「ピノキオ」サントラ盤

何を今更という声が聞こえてきそうですが、数年前に僕もギターをコピーした「What Are We Made Of?」、久しぶりにここ数日間、通勤時にサントラアルバムを通してヘビーローテーションで聴いていたら、会議中も音楽が頭の中で鳴ってしまうようになってしまったのでした(汗)

今回取り上げた理由は、ただそれだけです^^;

posted by マット at 19:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

20歳の娘さんに殴られたヒトの話。

この前の記事で書いた、H&M30アンプを落札して下さった方、実は次点繰上げだったのです。

終了間際でバトルを制した方はほかにいたのでした。
オークション終了は9月14日未明。

その日の夜に連絡をして、翌日には取引連絡が来たのですが「17日(土曜)から18日(日曜)にかけての音楽フェスティバルにバンドが大抜擢されて出演することになり多忙を極めています。次のご連絡は19日(月曜)になると思います。」と返事が来ました。

僕もセッション直前になると、仕込み&練習に時間をかけるケースが多いので気持ちは分かるし、記してくれたURLにあったフェスティバルのサイトを見たところ、僕が参加するようなセッションとは異なり本格的で大々的なイベントでした。連絡待ちを了承して、そのときは台風の影響で天気も心配だったので、「出演の日は晴れるといいですね」と返事に書き添えました。

さて明けて月曜日、連絡は来ません。
木曜日になっても音沙汰無しだったので、「24日の正午までにご連絡なき場合、誠に残念ではありますが、落札者都合にて削除させてもらい、次点の方に繰り上げさせていただきます。」と取引連絡を送付しました。

そして落札からちょうど10日目の24日の正午までに待ちましたが連絡が来なかったので、次点繰上げを行いました。
落札者都合での削除を行ったので、Yahooのシステム上、相手に「非常に悪い落札者です」の評価が自動的に付いて(−2)ポイントとなりました。
この方、もともと(−1)だったのですが、僕が次点繰上げした後あれよあれよという間に(−11)まで評価が落ち(停止中)になっていました。
確か悪い評価が(−10)以上になるとアカウントが停止されるのだったと思います。

この方、9月8日から9月20日に10件もの商品を落札していたのですが、どうやら他の方々にも取引連絡をしっかりと行わなかったようです。

僕は特にコメントは書かなかったのですが、観にいったところ、その方からのコメントが書かれていました。
『連絡もせず申し訳ありませんでした。心配いただいた雨も2日目には晴れ,朝焼けと虹後のステージでした。出会いと喜びに満ちたフェスティバルでした。しかし背伸びをしたためか,その後に私は元来のアルコール依存症に戻り,三度警察の世話になり,20才の娘に殴られました。本当にすみません。』
(注:バンド名、個人名が特定されるといけないので、取引連絡および上記コメントには音楽イベント名が書かれていたのですが「フェスティバル」とさせていただきました。)

9月15日にオークションが終了した出品者の方からは「非常に悪い落札者」の評価とともに下記コメントが書かれていました。
『お待ち申し上げておりましたが、落札から10日後にお振込を10月の最終週まで待ってほしいとのことで、数千円程度のお取引ではさすがに一般的ではないと思います。申し訳ございませんが、この通りの評価とさせていただきます。』

9月下旬には連絡がついても、なおかつ1ヵ月後の入金を希望したということでしょうか。
もしかして「元来のアルコール依存症に戻り」ということは、「断酒病棟」に入院して、
すぐには入金することが出来ないということなのか、などと想像がふくらんでしまいました。

僕はビールが好きで、休日はまだ明るいうちからビールを飲んだりすることがあったり、
平日の朝に「今日はビール飲まないぞ〜」と思っても、その晩ビール飲んだりするのでちょっと怖い。

そこで、久里浜式アルコール依存症スクリーニングテストなるものをやってみました。

結果は点数-0.8点、「あなたの飲酒はまあまあ正常です(問題飲酒予備群)」の結果。
若干ホッとしたものの、(問題飲酒予備群)というのが気になりました(汗)

皆さん、飲酒はほどほどにしましょう。(自戒もこめて^^;)
posted by マット at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。