2011年06月29日

eBayオークションに参加してから7年経過したらしい。

ヤフオクに初めて参加したのはeBayよりも少し前だったと思うけど、eBayがいつだったか憶えていません。

今日、eBayから「it's your eBay anniversary」というメールが届いて開封してみました。

「Congratulations! It's your eBay anniversary--year 7
Matt,
We want to say thanks and let you know how much we value
having you as an eBay community member. All of us at eBay
wish you the very best in the year to come.
Thank you! 」てなメール内容でした。

久しぶりに自分のeBayアカウントに行ってみたら、参加したのは2004年6月24日と書いてありました。
この7年間で取引きはたったの16件。出品はなく、全部落札です。

いっとき「日本では安いものでも、海外では高く売れるものがあるのではないか?」と思って、出品をしようという考えを持った事もありました。
でもPayPalに自分の銀行口座をうまく繋げる事ができず、面倒になってやめた過去があります(汗)

16件と少数とはいえ、eBayで落とした物品すべては憶えていません(汗)

ヤフオクと違ってプラバシー保護の観点からか、過去の取り引きの物品名は表示されていませんでした。
ギルドの1984年ブライアンメイモデルのギター「アクアスペシャル」、ブライアンメイサウンドの要でもあるピックとして使うための6ペンス(eBayでは日本のような高値ではなく1出品大量で安価に出品されてました)、クイーン+ポ−ルロジャースのバルセロナ公演のチケット、イバニーズのギター、ブライアンメイ風リックの教則DVDなどを購入しました事は憶えてます。

あ、最後の落札購入は昨年11月、クイーンの「A Kind Of Magic」柄のギターストラップでした。^^

DSC03120.JPG

何だか僕はeBayでは、ほとんどクイーンにまつわる落札しかしていないようです。^^;
posted by マット at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

これ、何て書いてあるんでしょうか??

先週、ボトムラインでのチャリティーイヴェント終了後、
アニー・ハズラムさんのサイン会がありました。

その時、書いてくださったのがこれ。

DSC03575.JPG

アニー・ハズラム/ルネッサンスのファンの方、解読できないでしょうか?

「サインを頂けますか?」と言って書いてもらったんですが、差し出したものを失敗しました。

この場所でようやくお会いできたひろさんから、「もうサイン書いてあるじゃない」と言われて気づくと既に上にサインが。。。。

DSC03576.JPG

この会場に着いた時に入り口で販売していた、アニー・ハズラムさんが描いたハガキ大の絵画を購入した時に、絵のタイトルとともにサインが書かれていたのでした。。(汗)

で、アニーさんが気を回してくれて彼女のサインではない別のことを書いてくれたのだと思うのですが判読できません。
最初の字がRっぽく見えない事もないので「Renaissance」かなとも思ったのですが、何となく違うような。。。。

なんて書いてあるのか気になって仕方がありません。
その場で本人に訊けばよかったのでしょうが、書いてもらったときには同じサインをもうひとつ書いてくれたのだとばかり思い込んで、後で気づいた次第です。(汗)

ところで、その時に販売していた十数枚のハガキ大の絵、すべて抽象画でした。
抽象画は僕には難解でしたが、色合いとタイトルが気に行ったこれを購入。

DSC03558.JPG

アニーさんご本人に「フィラデルフィアって都会だと思うのですが、なんだか自然がいっぱいといった絵ですね?」と訊いてみたら、向かって右の方に書いてあるのはビルディングだと言ってました。

ビルには見えないなぁ〜。。。 まだまだ絵を見る修行が足りないのでしょうか。^^;


posted by マット at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

アニー・ハズラムさんにお会いしました。

6月19日(日曜)に「MUSIC SAVES」という震災チャリティーイベントがあることを、マイミクのひろさんの日記で知りました。

場所はボトムライン。

DSC03553.JPG

DSC03552.JPG

ひろさんは、30年ぶり復活の「HIKOS」というバンドでドラムを叩くという事だったのですが、時間が巻いていたらしく、会場に行ったら、次の「ジェィムズ・ヘイブンズ・バンド」が始まってました。(ごめんなさい>ひろさん)

プログレバンド「ルネッサンス」で70年代に一世を風靡した、ヴォーカルのアニー・ハズラムさんが急遽来日でラストのステージで美しい歌声を披露してくれました。バンド形式で5曲ぐらいだったか。

僕は高校生の時に、ルネッサンスのファンの友人からLPを借りて聴いていたので全く聴いていなかった訳ではありません。

1972年のアルバム「プロローグ」の「サウンド・オブ・ザ・シー」は美しい曲。



チャンスがあればアニー・ハズラムさんから、このCDにサインをもらおうかと思ってボトムラインに持って行ったのですが、入れていたポーチごと紛失してしまいました。Orz

アニー・ハズラムさんは画家としても活躍しているらしく、この日のチャリティーオークションに絵画や絵を描いたギターを持ってきていました。

DSC03554.JPG

ギターは12万3千円で落札されていました。
もしも僕にお金があって落札してたとしても、指板上にドットが無く、サイドドットも無かったので僕には弾けません。オブジェと化していたでしょう。(汗)

でも、このギターは観賞用が本来の姿かもしれません。

ギターのモデルは違いますが、61万6千円というこの価格を見てしまうと、落札された方はいい買い物をしたかもしれませんね。


催しがすべて終了した後の、サイン会の風景。




記念にアニー・ハズラムさんと一緒に1枚。

DSC03570 (2).JPG
posted by マット at 23:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

初めてレスポールでセッションに参加した。

先週の日曜の夜、スローブルースでのロックセッションに参加してきました。

DSC03512.JPG

ここのセッションに参加するのは、昨年9月のこのとき以来なので実に9カ月ぶりです。実は前回参加したときの事を書いた時は、ナンシーでブースターだけを購入したように書きましたが、実は動画で使用している白いストラト(カスタムショップの2005年もの)も一緒に購入していたのでした。このわずか数カ月前に入手したレスポール・デラックスを下取りに出したのを恥ずかしく思ったので、書かなかったのでした。(汗)
ナンシーに置いてあるギターは素晴らしいです。購入した翌日にそのまま使っても全く問題ないほど調整がされていました。
持って帰ってから弾くうちに「この辺がちょっと自分が弾くには、」と思う様な場合でも、持って行けばバッチリ好みのセッティングに調整してくれますし。

今回のセッションでは、初めてレスポールを使いました。
セッション前日と当日に、それぞれ4時間ぐらいストラップを付けて立ってギターを弾きました。これは座った位置と、立った時とで感覚が違うからです。
しかし座って弾いていた時には気付かなかったのですが、レスポールって立って長い時間コードをかき鳴らしているとボディーのサイドが結構尖っていてそれが当たって、にの腕が痛くなるんですねぇ。知りませんでした。(僕の弾き方のせい?)

現在僕が所有する唯一のレスポール。
1ハムで、チューン・オー・マティックが付いていないという変なギターです。

DSC03514.JPG

今回弾いたのは2曲。
レッドツェッペリンの「Immigrant Song」と、グランド・ファンク・レイルロードの「Are You Ready」。
「Are You Ready」は全く知らない曲だったので、まずは覚えるところからでしたが、コードが4つしか出てこないので簡単だろうと思って便乗したのでした。ソロも基本がEのペンタトニックだったので、なんとかなるだろうと思ったのですが、マーク・ファーマーの雰囲気を出そうとしてコピーしたところ、僕には「え、ここでこういう風に弾くの?」といった箇所が結構ありました。
当日は「なんとかなるだろう」と思っていたのですが、指板をあまり見ないで弾いていたあたりから怪しくなり、ラストのソロの部分では完全にアドリブでマット節になってしまいました。(汗)

グランド・ファンクをギターで弾くのも全く初めてだったのですが、こういうガンガンとコードを弾く曲、結構弾いていて気持ちいいですねぇ〜。

グランドファンクは、高校生の時に「Closer To Home」というLPを持っていました。B面のラストの曲の後半が好きだったからです。

このアルバムはLP大量廃棄の時、捨ててしまったのでした。
でもなんだか久しぶりに聴いてみたくなってしまい、昨日タワレコで1000円でゲット。

DSC03542.JPG

当時はくだんの好きだった曲以外は、あまりよくないなぁと思って殆ど聴いていませんでしたが、今聴いてみたら結構聴きやすかったです。

しかし、そのB面ラストの曲の後半、「I'm getting closer to my home〜♪」という歌詞が繰り返されるので、てっきり曲名もアルバムのタイトルと同じく「Closer To Home」だと長い間思いこんでいたのですが、さっき見たら「I'm Your Captain」という題名でした。(汗)
posted by マット at 18:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

突然タイヤがパンクした。

さっき車で走っていたら、突然左後方から「ダダダダ」という異音と振動が。
すぐに「これはタイヤがパンクしたな」と思って、減速して路肩に車を止めました。
降りて見てみたら案の定パンク。完全に空気が抜けてました。

トラコンパに交換して家に帰ろうかと一瞬思ったのですが、労働後の帰宅途中でくたびれていて面倒だった上に、数百m先にガソリンスタンドがあったのを思い出しました。
なるべくダメージを与えないようにハザードを点けながらソロリソロリと、レース中マシントラブルに遭遇した車がピットに戻るような走りで一路ガソリンスタンドへ。

ガソリンスタンドの店員さん、車に乗ったままの僕に「あ〜、これはもうダメですよ。タイヤがよじれたようになってるし。」とおっしゃる。タイヤがよじれるって何?と思ったのですが、確かにトレッドの端部からサイドにかけてよじれるようになってました。
結構ゆっくりと走ったつもりだったけど、タイヤに触るとかなり発熱して熱くなっていました。

このタイヤ、1年前の車検の時に「溝は残っていますが、サイドにかなりクラックが入っているので交換した方がいいですよ。」とディーラーの方からアドバイスされたものを、この程度のクラックでタイヤが壊れることは無いと知っている僕は交換しなかったのでした。

でも、今回はそのサイドに内部も含めてかなりダメージを与えたようだし、そろそろスリップサインも出そうだったので思い切って4本とも交換することにしました。

今まで購入する際は、ず〜っとブリヂストンのタイヤにしていたのですが、ここにはヨコハマしか置いていませんでした。
これも何かのご縁と感じて、ヨコハマに浮気。
高性能タイヤではないのにしたので、覚悟した額の半額ぐらいで38,000円也。しかもタイヤ交換工賃・古タイヤ引きとり・バルブの新品への交換、総てロハでした。

しかし、一昨日自動車重量税49,500円也を納めて、今日は38,000円のいらない出費。
車関係で2日間で合計87,500円支払って、何だか損した気分です。

明日がいい日になりますように。。。。^^
posted by マット at 22:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。