2010年12月31日

ハードロックカフェ名古屋「HARD ROCKS」のライブ。

本日の今頃は、ハードロックカフェ名古屋で、閉店前最後のカウントダウンパーティーが行われていますが、僕は行きませんでした。

今日のライブは「ジェィムズ・ヘイヴンス・バンド」という事ですが、彼の名前は名古屋の人以外はあまり知らないのでは(ZIP FMのDJで有名な人です)。

前の記事に書いたように、僕は一昨日にハードロックカフェ名古屋に行ってきました。

DSC03272 (2).JPG

この日のライブは「HARD ROCKS」というハードロックカフェ限定(?)のバンド。
メンバーは、生沢AIK佑一(Vo)、KAZ(G)、厚見玲衣(Key)、明石昌夫(B)、ロジャー高橋(Dr)という面々。

DSC03254.JPG

DSC03256.JPG

昨年のこのライブの時は予約なしでも着席できたのですが、今回は今年いっぱいで閉店というせいか満席。
予約なしの方は並んでくださいと言われて並ぶも、全然順番は進みませんでした。

30分ぐらい待ったところで、待ち合わせしていたマイミクの「か〜る・ぱ〜まん」さんが来ました。
もうすぐ開演となったので、並ぶのはやめました。
(結局これは正解で、ライブが終わるまで僕よりも前に並んでいた人が同じ場所にいました。)

チャージ無しのライブだったので、結局タダで観ることも可能なライブでした。
スタンディングのお客さんの中には、そういう方々もいたのではと思います。
僕達も似たようなものですが、カウンターにビールを買いに行って2杯飲んだので、1300円は支払いました。^^;

DSC03287.JPG

この日は、昨年末に行われた「アックスの奇跡」というVOW WOW再結成ライブのDVDを売っていたので、入手してキーボードの厚見玲衣さんからサインを戴きました。^^

DSC03309.JPG

DSC03310.JPG

購入したDVDを手に、記念撮影をしました。
左から、か〜る・ぱ〜まん氏、ワタクシ、厚見玲衣さん、ヴォイジャーさんです。

DSC03305.JPG

ヴォイジャーさんは、昨年に引き続き、厚見さんにこの日の演奏のために鍵盤機材を提供した方です。
演奏中、厚見さんの横でビデオをセットして、しっかりと間近でプレイを見つめていました。

ヴォイジャーさんと一緒にバンドをやっている、か〜る・ぱ〜まん氏によると「あのビデオは自分の演奏の参考にするためのもの」とのことでした。^^
posted by マット at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HARD ROCK CAFE NAGOYAに飾ってあるギター。

今日で閉店のハードロックカフェ名古屋、一昨日に行ってきました。

HRC Nagoya.jpg


最後なので、壁に飾ってあるギター、全てではありませんが写真に収めてきました。

サインがされていて、1本1本に歴史があるのでしょうけど、由来等は良く分かりません。

HRCG-1.jpg

HRCG-2.jpg

HRCG-3.jpg

HRCG-4.jpg

HRCG-5.jpg

HRCG-6.jpg

HRCG-7.jpg

HRCG-8.jpg

HRCG-9.jpg

HRCG-10.jpg

HRCG-11.jpg


天井に描かれているのは、ビートルズの4人が空から降ってきている絵です。

DSC03282 (2).JPG

DSC03279 (2).JPG

DSC03280 (2).JPG

DSC03281 (2).JPG

一昨日は超満員で、席に座れた時にはラストオーダーが既に終了しており、空腹のまま帰りました。orz
posted by マット at 12:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

パッパラー河合モデル、1弦26フレットの音(F#)が出ます。

爆風スランプの「パッパラー河合モデル」、ヤフオクでジャンク品を落としてしまいまいました。

DSC03235.JPG 

3000円ぐらいの時にチェックし始めて、8000円ぐらいまでなら払ってもいいかなぁなどと考えていたのですが、入札合戦で熱くなってしまい結局1万円オーバー。なんだかバカな買い物をしてしまった気がします。(汗)

出品者様は「ギターの事が全く分からないので、ジャンクで出品」との事だったので、覚悟はしていましたが、一番大きな問題は何年も張り替えていないと思えるサビサビの弦に引っ張られたせいか、ネックが目いっぱい順反りしていたことでした。

トラスロッドを回せば直ると思いましたが、惜しいかなトラスロッドが終わるところまで回しましたが、若干の順反りが残りました。ただ、最初の時とは違って「この程度であれば、弾くのに我慢出来ない事はない」レベルにはなったかと思います。

入札する気持ちになったのは、このギターのスペック、YAMAHAのサイトに書いてあるように、1弦26フレット、F#の音が出せる事です。

DSC03236.JPG

しかし、ふと考えると実際にはレスペで1弦24フレットを鳴らす事もあまりないし、ウリのスカイギターのように32フレット(だったか?)まで有るわけではないし、入札合戦で熱くなることも無かったかと。。。。

このギター、トーンポッドがプッシュ・プッシュ式の切り替えになっています。
この手のポッドスイッチだと、通常はプッシュ・プル式なので若干違和感があります。

5段階のピックアップセレクターに加えて、このポッドスイッチにより7種類の音が出ます(セレクター5段階の他の2種類は、プッシュしてセレクターをリアにするとリア+フロント、真ん中にするとリア+センター+フロント)。
しかし、ピックアップが非力なせいか劇的な音の変化を感じません。もしかしたら元々はもっとピックアップが元気なのかもせいれませんが「ジャンク」だし、正常なものとの比較もできないので分かりません。

アーム付きブリッヂは、フロイドローズにヒントを得たような代物ですが、弦のエンドピンを切らずに張ることが出来る方式です。もしもセッションで使うことがあって弦が切れても、ニッパー不要なのでフロイドローズよりもいいかも(?)。

DSC03237.JPG

弾いてみた感じですが、ネックは薄め、幅はナット付近は細いのですが、ブリッヂ側に向かっていくに従って幅広になっていき、なんだか僕には弾きにくい感じです。

このギター「MG-K」には可哀そうだけども、何だかあまり使わないような気がします。
拙宅が狭くて置き場所の問題もあるし、しばらく所有した後は再び「ジャンク」でヤフオク行きかも。(汗)

ところで何を隠そう、僕は80年代後半〜90年代前半のハードロックを殆ど聴いていなかった時代に、爆風スランプを好んで聴いていました。^^;
別にギターがいいとか、誰それがいいとか、そういう観点では聴いていませんでしたが、ロックのテイストを持ち、コミックバンドでもあり、素敵なバラードもあるという点が気にいってました。
ピンクフロイドの「マネー」の風味をパクった曲とか、キングクリムゾンの「21世紀の精神異常者」の替え歌もあったりして楽しめました。

↓CD、この他に数枚持っていたはずなのですが埋もれて見当たりませんでした。

DSC03245.JPG

ファンキー末吉さんのブログに、爆風スランプ時代のパッパラー河合さんのエピソードが載っていました。Pさんことパッパラー河合さんにまつわる「事件」が書かれた、「Pさんの思い出」「Pさんの思い出その2」、読むと何だか笑えます。
posted by マット at 16:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

へっぽこセッション「CMソング和洋折衷」

来月、京都の「Mojo West」で行われる「へっぽこセッション」に参加します。

このセッション敷居が高くなくて、『「へっぽこですけど何か?むしろへっぽこ王狙ってますセッション」略して「へっぽこセッション」』
ということで、気軽に参加してこようと思います。(当日のビール飲みすぎ注意>自分)

今回のお題は、「CMソング和洋折衷」です。

最初にリクエスト&エントリーしたCM&曲、↓こんなの弾きたかったのですが誰も反応せず、成立しませんでした。ヴィクトリアのスキーのCM、なんだか懐かしくありませんか?

VOWWOWの元曲。



またいつの日か、リクエストしてセッション大会で弾いてみたいです。

で、結局自分がリクエストした曲は成立せず、他の方の曲に便乗して4曲成立。
2曲がクイーン、2曲がディープ・パープル。

最近ストラトばっかり弾いていたので、クイーンの曲もストラトで弾いてしまおうかななどと思っていたのでしたが、久しぶりに仕舞っていたKzのレスペをハードケースから取り出して鳴らしてみたら、これが素晴らしい音でした。やっぱりクイーンの曲にはレスペの音です。^^

Kz Jr Redspecial.jpg

レスペでディープパープルも弾いてしまおうか、レスペとストラトを2本持って行くか、どちらにするか考え中です。
移動は車ではないので、2本ギター持って行くのもかったるいしなぁ〜。。。。
でも、Kunio Kishidaさんはギター3本持って新幹線でライブ会場まで移動しているので、僕にも無理ではないかも。(?)
posted by マット at 19:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

FOCUSのタイスのフルートでは?

ヒューズ&ケトナーのアンプを使ってデモンストレーションを行っているトーマス・ブラグの動画を観ていたら、何だかフォーカスっぽいフルートの音が聴こえてきました。

僕はこれ、タイス・ファン・デールのフルートの音だと思うのですが、フォーカスの音楽を聴いている方々、どう思いますでしょうか??


posted by マット at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

実物大の鉄人28号

昨日、神戸に出張に行った際、実物大の鉄人28号を見てきました。

全長18m。

DSC03233.JPG

DSC03230.JPGDSC03232.JPG

場所は「新長田」の駅のすぐそばです。作者の横山光輝さんの出身がこの近くだったとか。

posted by マット at 22:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

フレディー・マーキュリー、最後のクリスマス。

一緒に映っている子供はメアリー・オースティンの息子さんだそうです。
というか子供がメインで、フレディーが一緒に映っているという感じでしょうか。^^
1990年撮影なので、翌年のクリスマスを迎えることなくフレディーは天国に召されたのですね。



しかし1990年って、もう20年も前なのですねぇ(しみじみ)。
道理でワタクシもいい歳のオッサンになるわけです。^^;
posted by マット at 19:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

Kunio Kishidaさん主催の忘年会セッションに参加してきた。

表題セッションに参加してきました。
大音量でのセッション、今でも耳で蝉が鳴いています。(汗)

今週の水曜日に、Kunio Kishidaさんから下の写真が添付されたメールが届きました。

『マットさん、こんにちは。11月6日大阪から始まったドブロ・レコ発ライブ。年内は名古屋でおしまい。 忙しい年の瀬ですが、ホッコホコライブへお出かけください。お待ちしています。11日忘年会セッションへ来る?
岸田邦雄

★ドブロアルバム“STILL IN TIME”レコ発記念ライブ。 
※来年発売予定CDをライブ会場にて特別にCD先行発売します。
2000円+1drink ご予約:kunio@nancy-g.com(ご希望日をお知らせください)

■12月12日(日)名古屋・栄メモリーレーン
出演:KUNIO KISHIDA 』


2010120721120000.jpg

日曜のライブには行くつもりではあったのでしたが、11月始めから仕事が多忙となってしまって、大阪セッション以来、ギターに殆ど触っていなかったのでセッションは悩んで返事を保留していました。

そうしたら、昨夜岸田さんから携帯電話に着信がありました。

岸田さん:『明日と明後日、マットさん来る?』
僕:『ライブは行くつもりですけど、最近ギター弾いていないので指が、、、、。』
岸田さん: 『そんなの来れば弾けるよ〜。』
と、明るく誘われてしまったので『行きます!』と元気よく返事してしまいました。(汗)

付け焼刃で、今日は昼から夕方にかけて3〜4時間、勘を取り戻すべくギターを弾きました。
このセッション、コード進行を決めて順番にひたすらアドリブでソロ回しをする形なのですが、
何曲かは元となる曲があって、リフを知らないと何だかバッキング弾く時にシマラナイのです。
しかも過去数回参加の時は、結構僕の守備範囲外の曲が多かったのでした。

今日は過去曲を思い出しながら、Youtubeに合わせてクラプトンの「リトルウイング」、「クロスロード」、「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」、「ノッキオン・ヘブンズ・ドア」、「アイ・ショット・ザ・シェリフ」あたりで練習しました。

セッションは20時スタート、場所は「スタジオ・ヒストリクス」です。

DSC03204.JPG

エフェクター禁止・シールド1本、20時から22時まで休憩5分間だけでの、2時間耐久のセッションです。
予想した曲で当たったのは「クロスロード」と「サンシャイン〜」だけでした。^^;

DSC03205.JPG

「ホワイルマイギタージェントリーウイープス」は、転調を良く把握していなかったのですが、他の人の指板を見ながら適当にバッキングをしてました。(汗)

意表をつかれたのが「ホール・ロッタ・ラヴ」と「コミュニケイション・ブレイクダウン」。
これらは守備範囲内ではありましたが、後者のソロ回しは(今の僕には)速すぎて少し弾いただけで次の人に合図を送ってパスしてしまいました。(汗)

今日のベースは岸田さんが一人で弾いたのですが、この「コミュニケイション・ブレイクダウン」が始まって少ししたときにいきなりベースが止まって全員が停止。

岸田さん:『腕がつった〜。』
ポニリンさん:『これで明日のライブは中止だな(爆)。』
というような場面もありました。^^

今回、僕が使ったギターとアンプです。

DSC03206.JPG

成毛滋さん監修の東京サウンド(グヤトーン)製のこのアンプ、7月に中古品を見つけて入手しました。
小さいけど30Wあるので家では出力を落としてしか使っていなかったのでしたが、今回ヴォリューム10、ゲイン2、マスターボリューム5で十分に他のアンプに負けないほどの音量が出ていました。
2年前、このセッションにVOXの白アンプを持って行った時にはフルテンでも自分の音が聴こえなくて残念な思いをしたのでしたが、今回は錚々たるアンプを相手に余裕でOKでした。^^
(昨年はAC30BMを持って行こうかと思ったのでしたが、重かったので断念。^^;)

今日はギターをかなり弾いたので、だいぶリハビリになりました。
来月、京都で初心者OKの「へっぽこセッション」というのに参加する予定なので、これを機会に帰宅後少々疲れていても、少しでもギターに触れようと思います。
(その決心は本当に大丈夫か?>自分)
posted by マット at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

1日早いですが、30年前の12月8日のニュース映像。

80年代というと、そんなに昔ではないような気がするのは気のせいで、ジョン・レノンの命日である1980年12月8日からは30年が経過しています。

1980年に生まれた人は、30歳になっているわけで、やはりかなりの昔であるのは間違いありません。

僕がデパートの渋谷店にいた時でした。ビートルズファンのNから聞いたのでしたが、何故デパートに行ったのかは記憶にありません。

そういえば、ジョン・レノン・ミュージアムも結局1回も観に行かないうちに閉館してしまったなぁ。
今思うと、2005年にクイーン+ポール・ロジャースをさいたまアリーナに観に行った時が、唯一のチャンスだったと思うのですが、その日は会場に行くまでCD屋めぐりなどをして時間をつぶしてしまいました。

ジョン・レノンのファンの方々は、リピーターとして通ったりしていたのでしょうか。
posted by マット at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

ハードロックカフェ名古屋が閉店するらしい。

先ほどネットサーフィン(死語?)をしていたら、こちらのブログにハードロックカフェ名古屋が年末年始にかけてのカウントダウンパーティーを最期に閉店すると書かれていました。びっくり。

ハードロックカフェのカウントダウンパーティー、今は解散したスシ・キャバレー・クラブが出演するということで一昨年に参加したことがありました。

今年もまた年末は東京に帰省しないことにしたので、ハードロックカフェ名古屋ラストのカウントダウンパーティーに参加しようかなぁという気になってきました。

それにしても、ひょんなことから仲良くさせていただいていたスシ・キャバレー・クラブの元メンバーさん達やマネージャーのmimiさん、全然その後の話を聞かないのですが、皆さん元気にしているのでしょうか。。。。?

てなことで、スシ・キャバレー・クラブ懐かしのPVを貼ってみました。




こちらはちょっとブラックな感じがします。^^;

posted by マット at 18:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。