2010年04月27日

犬が、火事になった飼い主の家に先導する動画。

アラスカで火事の家にパトカーが向かう途中、場所が分からなくなってしまったとき、
飼い犬が現われて自宅まで先導する動画です。

Youtubeの説明文章によると小屋は燃えたけども、この出来事によって
飼い主の自宅は(消しとめて)セーフだったそうです。



この犬、ウチの駄犬にはおそらく真似できない活躍です。^^;

追記:
もっと詳しい状況を書いたサイトがこちらにありましたのでご参照くださいませ。
posted by マット at 22:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

歌が上手な、Mikaさんのライブ映像

いつぞや、Kunio KishidaさんのライブにゲストでMika Dooさんが来たときの事を動画をアップロードして書きました。

この時は、観客の皆さんから「ミカさ〜ん!」という声がいっぱい飛んでまるでアイドルに声を送る観客という感じでした。

このライブが終了した後、少し彼女とお話ししたのですが、「ミカって名前日本人でいるんですよ。」と僕が言ったら、「知ってるわ」と返事が返ってきました。^^

他の動画を検索してみたら、mika bajinski という名前で動画がありました。


この動画など、なんだか映画の一場面みたいですね。



mika bajinskiとmika doo、どちらが本名なのかは分かりませんが、彼女のマイスペを見るとmika dooと書いてあります。

この後、音源も検索してみたら発見しました。作詞とメインヴォーカルだそうですが、試聴して見たらまるで別物の芸風で、ちょっとびっくりしました。
(この手の音楽はちょっと苦手だったりします。^^;)
posted by マット at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

終了間際の入札に備えていた方がいたとしたらゴメンナサイ。

1昨日、ヤフオク終了50分ぐらい前に早期終了してしまった犯人はワタクシです。(汗)

foxx faser yahoo!.jpg


日にちを遡ること17日の土曜日、Foxxのフェイザーを手放そうと思ったのでした。
Foxxのフェイザー、入手した直後は結構家で遊んでいたのですが、
基本的に家では「シールド1本」で弾くことが多いのでいつしか放置してしまっていました。
そのうえ、CE−1のレプリカのレトロソニックを入手して、時々使っていたら揺らぎ系はこれがあればいいかなと思っていたのでした。

で、出品に先立ちヤフオクでFoxxのフェイザーが出品されているか見てみたら、僕が思っている価格以上で出品されている方がいました。一瞬ヴィンテージかと思ったのですが、僕が持っているのと同じリイシューものでした。

こんな高価に設定して儲けるつもりは無かったので、その開始価格よりも2.8万円安く(その方の即決価格よりも3.5万円安く)開始価格を設定して出品しました。
「これならば、入札はあるはずだ。へっへっへっ。」てなもんです。

ところが、3日後の終了2時間前にも入札はありません。
こういうことはあることでして、終了直前10分ぐらい前に入札合戦が始まる場合がよくあるのです。

しかしこのときに、最後だからと思って何気なく、手放そうかと思っていたFoxxのフェイザーを音出しして見たら、これは同じ揺らぎ系とはいいつつもCE−1系とは別物で、気持ちいい音である事に気づきました。
(フェイザーとコーラスは別物なので、当たり前ですね。(汗))

しかし、今まで使っていなくてもよかったということは持っていなくてもいいということではないのか? と思ってオークションを継続することにしました。

そして、ゆっくりと風呂につかったのでした。
上がったときに入札が1件でもあったら手放そうと思ってました。
しかし、風呂上りにヤフオクを見た時に入札が無かったので迷わず「早期終了」してFoxxのフェイザーはキープすることにしました。

ウォッチリストに入れていた方々が入札しようと思っていたかどうかは判りませんし、はたまたこのブログを見ている可能性はたいそう低いですが、早期終了してしまってスミマセン。

またいつか「FOXX フェイザー/ブライアンメイ・Brian May」というようなタイトルで出品するかもしれませんのでその時は宜しくお願いいたします。
posted by マット at 20:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

コレクターズ・アイテム

レスポールのサンバーストは生産された本数が少なかったこともあり、今や3千万円ぐらいに高騰していますが、フェラーリ250GTOは更に少ない40台程度しか作られなかったので、
数10億円もするらしいです。

そのフェラーリ250GTOを洗車するヒトの動画のオチ、あれっ? っていう感じです。(笑)

posted by マット at 19:48| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

「テキサス親父」 は日本が大好きらしい。

ネットサーフィンしていたら、「テキサス親父」の動画に行きあたりました。

理路整然と、トヨタ問題に対するアメリカに怒っています。

下の動画、昨日の今日で動物愛護関係の話題について取り上げるのは若干抵抗がありましたが、「テキサス親父」の日本での捕鯨に反対する人への論破についつい見入ってしまったので。(汗)



ちょうど、しつこいぞ!反捕鯨団体という記事を書いているブログにも行きあたったのですが、「テキサス親父」が言っている事と論調は近いなと思いました。法曹界の弁護士さんが書いているだけあって理路整然としていますねぇ。
『家畜からしたら、自分たちを育ててくれて、信頼している人間から結局殺されることになるんだ。却って無念なんじゃないのか。』というくだりには、妙に納得して悲しい気分になりました。

しかし、「テキサス親父」が言っているように、この問題の根底に本当にレイシズムがあるのだったら嫌だなぁ。。。
posted by マット at 23:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

ブライアン・メイの公式Youtubeチャンネル

昨日からYoutubeに「 BrianMayCom」という、ブライアン・メイの公式チャンネルが出来ています。

現在唯一アップロードされている動画は、イギリスの野生動物を守る「SAVE ME」という運動についてのインタビューのみです。(キツネ狩りに限らず、鹿狩り、ウサギ狩り、カワウソ狩りや、アナグマ狩りなどにも異を唱えてますね。)

SAVE_ME_.jpg

インタビューでは、ブライアン・メイ師匠、「革製のギターストラップは、もう使わない事に決めた。」と言ってます。

現時点のは「ニュースと政治」のカテゴリーの動画ですが、今後「音楽」のカテゴリーで未公開映像がアップロードされないかと秘かに期待して、「BrianMayCom」をチャンネル登録してしまいました。^^
(確認したら、現時点でちょうど100人がチャンネル登録者でした。)
posted by マット at 20:06| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

これもクチパク。

いくらなんでも、マイクを逆に持ってはバレバレですね〜。(笑)


EMBED-Singing TV Host Microphone Fail - Watch more free videos
posted by マット at 18:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

突然バイオリンを破壊し、ボウも折ってしまう音楽教師。

その場にいた生徒達は、ビックリしたことと思います。



教師:「今日は何の日が知ってるか?」
バイオリンを壊された生徒:「エイプリル・フール?」
二人で:「イエス!」

教師・バイオリンを壊された生徒・カメラで撮影していた人、これらの3人のみがグルであらかじめ知っていたのだと推察します。

しかしギターと違って、バイオリンって華奢で簡単に壊れてしまうんですねぇ。
posted by マット at 13:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

すべりだいを滑るビーグル犬(その2)

以前、我が家のビーグル(名前:Dear、3歳オス)がすべりだいを滑ることを書きました。

今回、もう少し大きいサイズのすべり台にチャレンジさせてみました。
階段の昇り方が若干ぎこちないです。



滑りが悪いのか、黒板に爪を立てたときのような音が聴こえるような。。。
こういう音を聴くと、「寒気がする人」と「奥歯が変な感じになる人」と「何も感じない人」に分かれるらしいですね。

ちなみに僕は奥歯のあたりがムズムズします。(汗)
posted by マット at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

ROCK DE SESSIONで2曲弾いてきた。

MixiのコミュのROCK DE SESSIONに参加してきました。今回で2度目の参加です。

前回の雪辱戦で、この前のとき作動しなかったサッチュレイターを持って行きました。

弾いた曲は、ジャーニーの「オープン・アームズ」と、レッド・ツエッペリンの「移民の歌」の2曲。

直前まで別のギターを持って行くつもりだったのですが、気が変わって'64 メロディーメイカーを持って行きました。

DSC02469.JPG

交換したリアピックアップ、ディマジオのFAST TRACK2の音を、バンド構成で鳴らしてみたかったからです。

レッド・スペシャルを使用して、ブライアン・メイの音を目指すときと違って、「こういう音を出したい!」という様なこだわりは特に無いので成り行きで気楽に音出しをしました。

マーシャルのコンボアンプのクリーントーンに、サッチュレイターをつないでメロディーメイカーを弾きました。ソロは「オープン・アームズ」に短いのがあるだけですが、このときサッチュレイターの「MORE」スイッチを踏んで弾いたらくっきりとした音がでました。これは使えます。
「移民の歌」では、一発合わせだけど全員で最後にうまく音がピタッと止まって気持ちが良かったです。^^

約3時間中、自分がギター弾いたのは合計6〜7分程度でしたが、皆様の演奏を見ているのが楽しかったです。
posted by マット at 00:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

花見・しじみ500粒相当分のアラニン配合

昨日、鶴舞公園で桜を見てきました。

DSC02459.JPG

途中からは夜桜。

DSC02461.JPG

DSC02462.JPG

この日は公園の入り口で、おねいさんが「ノ・ミカタ」という味の素(株)の製品を配っていたのでもらいました。
お酒を飲む前でも、飲んでいる途中でも、飲み終わったあとでも飲むといいらしいです。
「しじみ500粒分」というのがなんとなく二日酔い防止に効きそうです。

DSC02471.JPG

結構たくさんビールを飲んだのでしたが、「ノ・ミカタ」を飲んだせいか、翌日はなんともなかったです。
ただ、「ノ・ミカタ」を飲まなかった自分というのを同じ条件で経験していないので、これが効いたのか、はたまた体調が良かったのかは不明です。
「しじみ500粒」と書いてあったのでエグイ味を想像していたのですが、プラム風味ということで甘い味でした。
posted by マット at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

「フェンダーUSA特製」の観賞用ピック。

先週発売された、ジェフ・ベックの新作CDを購入しました。

DSC02456.JPG

日本盤には、ボーナストラック2曲の他に「フェンダーUSA製 ジェフ・ベック サイン入りピック」がついています。

ジェフ・ベックは指弾きだから、ピックなんて使わないではないか? と心の中でツッコミを入れていたら、帯の裏側に「言い訳」が書いてありました。しかもPL問題を意識した説明も。

『ジェフ・ベックのギター・プレイ・スタイルはピックを使わないフィンガリングが主体ですが今回ワーナーグループ移籍第一弾作品の日本発売に当たり、記念品としてピックを特典として封入することが許されました。このピックは、記念品及び観賞用ですので、お客様で取り出されることは推奨しておりません。万一、ケースを分解された場合のケース割れ、破損によるケガ等の責任は負いかねます。あらかじめご了承いただきます様お願い申し上げます。』 だそうです。

DSC02457.JPG

以前、押尾コータローさんのCDに「ミサンガ」が封入されていた時は、ケースを割らずに取り出す方法が書いてあったように思うのですが、CDの会社によっても方針は違うようです。

破損したケースでケガをするのが嫌だからではありませんが、「観賞用」にすることに特に異論は無いので(笑)、ケースからは取り出さないことにしました。

この作品、オーケストラをバックにした「ネッセン・ドルナ」や、「オーヴァー・ザ・レインボウ」が入っているのは知っていましたが、1994年に1枚だけアルバムを出しただけで、若くして夭逝したジェフ・バックリーの曲のカバーが2曲も入っていたのでビックリしました。

でもこれら2曲、僕はジェフ・バックリーの曲だと思っていたのですが、このCDのクレジットで、もともとカバー曲だった事を知りました。
この2曲は「コーパス・クリスティ・キャロル」と「ライラック・ワイン」という曲なのですが、ジェフ・ベック本人による解説の「ライラック・ワイン」のところに、『元々、ジェフ・バックリィのどちらの曲も・・・』と記載があるので、もしかしたらジェフ・ベックも僕と同じくジェフ・バックリィのオリジナルと思っていたのだったりして。(なんて、まさかね。^^;)
まぁ、「コーパス・クリスティ・キャロル」の本人による解説では、『ジェフ・バックリィのアルバムを聴いた時、そのシンプルさと美しさに驚かされた。』と書いているので、少なくともジェフ・バックリィ(の、アレンジ?)に敬意を抱いているのではと思います。

下のは、ジェフ・バックリィが生前に唯一リリースしたアルバムに収録されている、「コーパス・クリスティ・キャロル」です。



しかし、先達の音楽のカヴァーは世の中多いですが、ジェフ・ベックのようなベテランから見たら若造であるミュージジシャンの曲をカバーするケースは珍しいのでは。純粋に楽曲が好きだったからかもですが、ジェフ・バックリィが故人だからという要因もあるかもしれませんね。



僕はジェフ・バックリィのCDは、1994年にデビュー作が出た時に店頭で「ジャケ買い」ならぬ「帯買い」をしました。帯が手元に無いので正確には憶えていませんが、『神が与えた声』というようなことが書いてあったように思います。
1995年に来日したときも、クラブクワトロでライブを見ました。
CDジャケットの写真が大人っぽく写っていたせいもあってか、実際に間近で見たジェフ・バックリィは意に反して外見は子供っぽい印象でした。
この人のライブで驚かされたことが二つありました。
ひとつは、アンコールも終わって、客電が点いて観客も半分以上帰ってしまったときに再び現れて、もう1曲バンドで演奏を行ったことでした。
もうひとつは、その時ギターを弾きながらタバコをくわえて、まるで腹話術のように大きな声で歌っていたことでした。あれは声量がなければできない技だと思いました。

その2年後の1997年、僕は転勤して千葉県に住んでいたのですが、パルコでもらったフリーペーパーに「川で溺れて亡くなったジェフ・バックリィ」と書いてあるのを発見してびっくりしました。これからという時だったのに無念だったろうなぁと思ったのを記憶しています。


で、ジェフ・ベックの新作CDであるが、『ジェフ・ベック、バック・ステージ招待、そして、あなたのギターにジェフが直接サインをプレゼント!』という懸賞への応募も特典としてついていました。
応募はしたのですが、3月31日締め切りで、名古屋公演は明後日の4月5日。当選者には電話で連絡が来るとのことでしたが、連絡ないのでハズレたようです。^^;

この前の月曜日にナンシー名古屋店に行ったら、フェンダー・カスタムショップのマスタービルダー、トッド・クラウス製作のジェフ・ベック・モデルがあったので、バックステージ当選したら購入しようと思っていました。(ウソです。)

Jeff Beck MB Todd.jpg

ちなみに、フェンダーのジェフ・ベック・シグネチャーには3種類あり、一番安いのがレギュラーラインもの。これはヘッドの表にジェフ・ベックのサインが入っています。これよりも実勢価格が少しだけ高いのが、カスタムショップのチーム・ビルダーもの。これはヘッドの裏側にジェフ・ベックのサインが入っています。一番高いのは、カスタムショップのマスター・ビルダーもので、実勢価格はチーム・ビルダーものの倍ぐらい。ジェフ・ベック・シグネチャーはトッド・クラウス氏が製作しています。これにはヘッドにジェフのサインは入っていません。ジェフ・ベック本人の1999年からのギターと同じ仕様なので、ローラーナットには、本人が使用しているのと同じウィルキンソンのものが使われています。

Jeff Beck MB Todd-2.jpg

このタイプのローラーナット、イケベ楽器で売っているのを発見しました。

ikebe.jpg

1万2800円ですが、なんとなく興味があります。^^
posted by マット at 15:25| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。