2010年03月25日

中国製のギブソン・レスポール??

ヤフオクを見ていたら、変なレスポールが出品されていました。

fake gibson.jpg

何が変かというと、説明文に『※ギター本体にMADE IN USA と刻印がありますが中国製です。gibson USA ではないのでお間違えの無いようにお願い致します。』と書いてあるのです。

説明文は間違って買わないようにと親切なのかもですが、、、ギブソンの工場は中国には無いし、中国製でMADE IN USAの刻印、何それ? っていう感じです。

確かにMADE IN USAの刻印があります。

fake gibson-2.jpg


日本でも昔からレスポールのレプリカを、グレコやトーカイ等、様々な会社が作っていましたが、Gibsonのロゴをヘッドに入れてMADE IN USAと書くことはしていませんでした。
さすが模倣大国の中国。

調べてみたら、偽物の見分け方が書かれているギブソンのサイトもありましたが、3点留めトラスロッドカバーの件などは既に2点留めになっており、中国の工場にしてみれば「間違いを指摘してくれてありがとう。」といったところでしょうか。

このギター、どうやら中国の会社の製品のようです。この会社のサイトのPrice Listというところに行くと、価格は書いておらず製品のカタログのPDFがあります。
これを見ると、ギブソンだけではなくフェンダー、ポール・リード・スミス、エピフォン、イバニーズ、ジャクソン、BCリッチなどの偽物も製造しているようです。

フェンダーのジェフ・ベックのシグネチャーモデルなどは、わざわざネヘッドの裏にカスタムショップ製であるようなマークがありますが、ブリッヂは2点留めではないし、ナットもローラーナットではなく偽物であることが一目瞭然。

これらの製品は安価で販売しているようですが、もしも騙されて高額で買ってしまったらと想像すると怖いですね〜。
posted by マット at 20:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

ブライアンとロジャーが二人でジャムってる動画。

ブライアン・メイ師匠のアンプ、こういう時でもしっかりとAC30が9台なのですね。

posted by マット at 15:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

スピーカー2発のPathfinder10アンプを入手。

クレジットカードのポイントが貯まったのですが、特に欲しい品物が見当たらなかったので、今回は商品券に交換しました。
説明に、S村楽器で使用できるという事が書いてありました。そしてパルコにあるS村楽器に足を運んだところ、当該アンプがあったので商品券で購入してしまいまいました。

DSC02395.JPG

実はこれ、新発売のベース用のPathfinder10なのです。
7600円也。(ちなみにギター用は4600円でした。デフレですねぇ。)
僕はベースを弾かないので、このアンプを使ってギターを弾くという邪道な使い方をしています。^^;

スイッチ、ノブ類の周りの色はAC30BMを彷彿させる赤。

DSC02400.JPG

ギター用のとは違って、スピーカーは2発です。

DSC02398.JPG

AC−1もスピーカー2発ですが、これがなんとなくAC−30の雰囲気に似ていて購買欲を高めるものがありました。でも音に関しても、ギター用のPathfinder10と売り場で弾き比べてみたのですが、こっちのほうがいい音に思ったのでした。

ギター部屋で弾く時はAC30BMを使用していますが、他の部屋で弾く時には最近このアンプを使用しています。
posted by マット at 19:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする