2016年09月14日

ドントストップミーナウ

初めてクイーンセッションでレッドスペシャル以外のギターを使ったときの動画。
古川さんから譲っていただいた古川師範代モデルのクイーンセッションデビュー戦。

このギター、ものすごく弾きやすくて気に入りました!

posted by マット at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

古川師範代モデル1号機でエイジアの「偽りの微笑み」を一発あわせ

このときも古川博之師範代モデルを使用しました。
ミディアムスケールなので、手が大きくないワタクシには弾きやすいギターです。
このギターも、まさかエイジアなどを弾かれことになろうとは思っては無かったのではないかと。。

posted by マット at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

ご無沙汰しております

昨年9月に最後の記事を書いてから10ヶ月が経過しました。皆様、お変わりなかったでしょうか?

思えばブログを始めたのが2006年1月なので、今年の1月まであと約3ヶ月で10周年だったという時、ここに文章を書くのをやめてしまってました。

今回、再び書いてみる気になったのは、忍者さんから「ブログやめたのですか?」というメールをいただいて「やめちゃいました」と返信をしたことがきっかけです。やめたと答えておいて、舌の根も乾く前にブログに書いているというのも我ながら矛盾していますねぇ。。。

一昨年の10月から東京に単身赴任して、国から給料もらって期間限定で公務員をやっておりますが、どうやら今年の12月でこの仕事も終えることになりそうです。当初は2年ないし1年延長して3年と上司から言われて来たのですが、3ヶ月の延長で12月までということになりそうな気配を感じています。

こっちに来てからセッションには2回ほど参加したのですが、それから1年以上が経過。その間全然といっていいほど殆どギターに触っていませんでした。ギターが上手に弾けるようになりたいと思って始めたブログだったので、弾かなくなったら書くことも無くなったという流れでブログをやめたという流れ。あと、日々の出来事はSNSでつぶやくことで、ネットに書くことは満足してしまったこともあるかもしれません。

忍者さんからは「東京にはギター持っていってるんでしょ? 時々ちゃちゃっと弾いてセッションにも参加してくださいよ」と返信メールでエールをいただきました。で、さきほど一時間ほどぶっつづけで簡単なフレーズのある曲を弾いてたのですが、とにかくうまく弾けない。弾けないだけならまだしも、指を動かす筋肉も衰えているんですねぇ。小指と薬指の側の手の甲のあたりの筋肉と、手首と二の腕の間の筋肉がくたびれてしまいました。。。

さて、12月に元の職場に戻れた暁には京都や大阪のセッションにも遠征してみようと思います。果たしてそれまでに再び人前でギターを弾けるレベルに復活できるかどうか?
posted by マット at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

サミー・フジマキさんのカフェリンネでの演奏を見に行った。

この前の土曜日に、千駄木駅から徒歩2〜3分のところにあるカフェリンネでのサミー・フジマキさんのライブに行ってきました。

LIVE AT CAFE R.jpg

オープニングはマーク・ボニーラのアメリカンマタドール。
6年前サミーさんに「この曲、いいですよ」と言って僕が紹介した曲。サミーさんも「大好きな曲」になったとのことで、ライブ演奏が聴けて嬉しかったです。(僕も大好きな曲だけど、へっぽこギタリストの僕にはとても弾けない曲です、、、^^;)

オリジナルの5曲も演奏されました。すごく良かったので、ぜひともCDを製作していただきたいものです。。。

ゲイリー・ムーアのサンセットも良かった。

休憩を挟んでのトータル1時間半のライブ演奏、ラストはフォーカスのイラプションからトミーでした。

そして、アンコールは僕ら観客が無理やりお願いして演奏させたような感じで、ゲーリームーアのザ・ローナーで終了。
posted by マット at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

ナイロン弦は伸びるよ果てしなく

フェンダージャパンが1990年代に作ったSTCLというギターを入手しました。
このギターはユニークで、ストラトキャスターの形だけども、ナイロン弦を張ってピエゾで音を拾うというもの。

409089_main_l_201506301436.jpg

そして、実はこのギターは成毛滋さんが特注したもので、通常はロングスケールのところがミディアムスケールというレア品なのです。

成毛滋さんモデルのピックもおまけについてました。

NRRUMOsan PICK.jpg

ピックガード外してみたらこんな風にアルミ箔でシールドが完璧に施されていました。流石です。しかし、ここまで厳重にしているということは、成毛さん、ピックアップ付きのエレキに換装する予定でもあったのだろうか?

STCL NARUMO.jpg

ところで、弦を張り替えたらチューニングが全く安定しないのが、ちょっと困りもの。
先週の土曜日にモノを入手してチューニングをしたのだけど、毎日1音ぐらい音が狂うのです。
あれから4日経過した今も、半音〜1音ピッチが毎日変わって全く安定しません。
やはり、テンションが高いエレキギターの仕様に、ガットギター用のナイロン弦を張ることには無理があるのかもしれません。

あと、違和感があるのはチョーキングを思いっきりしても、弦が伸びまくって半音上げるのがいいところで、普通のエレクトリックギターの感覚で弾くと変な感じ。演奏途中で1音上げようと思ったときには、チョーキングではなくてスライドさせる必要があります。

商品説明によると、「ナイロン弦をセットすることによりエレガットサウンドを出力します。もちろんスチール弦をセットすればエレアコ風サウンドもお楽しみいただけます。」とのことなので、アコギ用のスチール弦に一度張り替えてみようかと思う。なんだかんだ言っても面白いギターなので、しばらく楽しめそうな予感がします^^
posted by マット at 20:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

Bob AcriのSleep Awayという曲

パソコンのサンプルミュージックに入っているこの曲、なかなかイイと思う。



メーカーによるかもしれないけど、OSがWindows7だとデフォルトらしいので、あなたのパソコンにも入っているかも。
posted by マット at 22:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする